うっかりメイクをしたまま寝てしまったときの緊急スキンケア

うっかりメイクをしたまま寝てしまったときの緊急スキンケア

仕事から疲れて帰ってきたときなど、そのままメイクを落とさずに寝てしまったという経験はありませんか?メイクをしたまま寝てしまうことは良くないと分かっていても、クレンジングをせずにうっかり朝を迎えてしまったときの対処法をご紹介していきます。

メイクをしたまま寝てしまったときの肌へのダメージ・最適なスキンケアって?

クレンジングをせずに寝てしまうと、日中つけていたベースメイクにほこりなどの汚れが付着してダメージを与えてしまうイメージがありますが、実はそれだけではありません。

一番肌トラブルの原因となるのが、分泌された皮脂が酸化することだと言われており、ニキビや吹き出物、炎症やシワなどにつながります。ベースメイクを落とさずに寝てしまうと、日中分泌された皮脂が肌の表面に残ったままになり、空気に触れることでどんどん酸化して角層にダメージが加わってしまうのです。それだけでなく、落としていないアイメイクがくすみやクマの原因になったり、リップメイクがデリケートな唇に刺激を与えたりして、肌が多大なダメージを負っていることを覚えておくといいしょう。

メイクをしたまま寝てしまった翌朝は、とにかくいつもの倍の時間を使った丁寧なスキンケアが大切です。負担がかかっている肌を一刻も早く労ってあげてくださいね。

基本は丁寧にメイクを落とすこと!シートマスクを利用して念入りなお手入れを

落とし忘れたメイクは、酸化した皮脂が毛穴の中に入り込んで固まっていることが多いため普段のクレンジングだけでは落としきれない可能性があります。ホットタオルやスチーマーをメイクの上から当てて、顔全体を温めてから毛穴の奥の汚れを浮かし取ってあげましょう。クレンジング料はいつもの倍の量を使って擦らず丁寧に落としてくださいね。

洗顔は普段よりたっぷりの泡を使い、皮脂分泌の多いTゾーンや小鼻などは特に念入りに洗っていきます。ダブル洗顔いらずのクレンジングを使っても、メイクをしたまま寝てしまったときには洗顔料を使うことをおすすめします。

メイクや皮脂汚れをしっかり落としたら、素早く水分補給をしていきましょう。カラカラに乾いた肌に効率よく潤いや美容成分を与えるには、シートマスクを使うといいですね。化粧水で肌を整えたあとにシートマスクをつけて、剥がしたあとクリームで蓋をすれば完了です。

また、肌の外からのケアだけではなく、内側からのケアも欠かせません。ビタミンたっぷりの果物や野菜をたくさん食べて、早めに眠りに就くことを心がけましょう。

クレンジングを忘れた翌朝はメイクをしっかり落とすことから!

うっかりメイクをしたまま寝てしまったときは、いつもより念入りなクレンジングと保湿ケア、インナーケアがポイントです。今回ご紹介したのはあくまで緊急対策スキンケアなので、普段はしっかりメイクを落としてあげてくださいね。メイクをした状態で寝てしまう前に帰宅したらすぐにクレンジングをしてクリアな肌にする習慣をつけることも大切ですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事