肌の水分量を上げて、赤ちゃんのようなみずみずしい肌になる方法

肌の水分量を上げて、赤ちゃんのようなみずみずしい肌になる方法

肌の水分量が少ないと、表面だけでなく肌の内側も乾燥してシワやたるみなどにつながってしまいます。赤ちゃんのようなみずみずしい肌になるには、肌の水分量を底上げする日々のお手入れが大切!そこで今日からできるスキンケアをご紹介します。

肌の水分量を底上げするにはセラミドがおすすめ

年齢を重ねるにつれて肌の水分量をキープすることが難しくなってきます。ぷるぷるでみずみずしい肌には肌の水分を保持するセラミドが必要不可欠。セラミドは水分をキープするだけでなく、細胞と細胞の間を接着剤のように繋ぎ止めてくれる役目があり、肌の角質層にある潤いや水分の蒸発を防いでくれるとも言われているのです。そのため、セラミドを補いつつキープすることがみずみずしい肌への近道。ではどのようにセラミドを補えばいいのでしょうか?

ぷるぷる肌になるためのセラミドを補うスキンケア

元々セラミドは自ら作り出すことができる保湿成分ですが、紫外線や加齢などによりセラミドを作る力が弱まってしまうと言われています。そこで、セラミドが高配合されたクリームをスキンケアに取り入れましょう。

セラミドは油溶性なので、化粧水よりも油分の多い乳液やクリームに高配合されていることが多いのです。化粧水でたっぷり保湿をしたら、美容液をつけてセラミド配合のクリームや乳液でしっかり蓋をしてあげてくださいね。

また、食べ物からもセラミドを取り入れることもできます。特に小豆やこんにゃく、ひじきやわかめ、黒豆やごぼうなどの食材にセラミドが含まれているため、食事に取り入れてインナーケアにも力を入れましょう。

毎日欠かせないクレンジングや洗顔は、肌に必要な潤いや水分を洗い流しすぎないためにも、なるべく洗浄力がマイルドなものがおすすめです。特に肌の水分量が減って乾燥しているときは、石けんで落とせるミネラルファンデーションを使い、クレンジングを使わなくても済むメイクをすることで肌の負担を軽減できますよ。

また、一見、肌の水分量とは関係のないようなストレスですが、実はストレスにはセラミドを分解するセラミダーゼと呼ばれる酵素を発生させてたり、自律神経を乱すことでターンオーバーを遅らせてしまうとも言われています。どんなにスキンケアに力を入れても、ストレスが溜まったままではセラミドの生産がスムーズに行われません。自分流のストレス解消法を見つけてリラックスできる時間を設けてあげてくださいね。

セラミドをたっぷり補ってみずみずしい肌へ!

肌がたっぷり潤っていると、すっぴん肌でも肌がツヤツヤで明るく見えます。セラミドを補うスキンケアとインナーケア、ストレスを溜めないことやたっぷりの睡眠を心がけて、年齢とともに減っていく肌の水分量を徐々に上げましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事