痩せ細った髪の毛もみるみる蘇る!? みかんの皮入り育毛剤の作り方

痩せ細った髪の毛もみるみる蘇る!? みかんの皮入り育毛剤の作り方

健康的な髪の毛を育むには、毎日のスキンケアと同じように育毛トニックなどのアイテムを活用しながら、頭皮に必要な栄養分を与えることが大切と言われています。お財布にも優しいみかんの皮入り育毛剤で頭皮と髪の毛そのものの質を向上させていきましょう!

みかんの皮入り育毛剤の作り方・使い方について

みかんを食べる時、ほとんどの方が皮部分を廃棄しているかと思いますが、実はみかんの皮部分には育毛効果に期待できる成分が豊富に含まれていると言われています。みかんの皮をメイン材料にした、手作り育毛剤の作り方についてチェックしていきたいと思います!

<みかん入り手作り育毛剤の作り方>
【準備するもの】
・みかんの皮 50g
・ホワイトリカー(35度) 150ml
・密閉容器

【作り方】
1.みかんを水洗います。 全体的に綺麗になったら指ではなく、ピーラーを使って皮を薄くむいていきます。出来るだけ白い部分はつかないようにし、外側の黄色い部分のみ使用するようにしましょう。
2.ざるや新聞紙の上に皮を広げ、2〜3日間を目安にカラカラになるまで陰干しします。
3.密閉容器に2のみかんの皮、ホワイトリカーを加えて蓋をしめ、冷蔵庫に入れて1週間程寝かせましょう。
4.1週間後みかんの皮だけ取り出し、蓋をしてさらに冷蔵庫で2週間寝かせたら完成です!

【POINT】冷蔵庫保管で2ヶ月以内に使い切るようにしましょう。また、使用前は必ずパッチテストを実践し、異常を感じた場合はすぐに使用を中止してください。

<手作り育毛剤の使い方>
基本的にはシャンプーの後、髪を乾かす前に塗布してあげると良いそう。なぜ乾かす前が良いかというと湿り気が残っている方が頭皮に馴染みやすくなるからです。また、育毛剤を使用する日は、リンスやトリートメントの使用を控えるようにしてください。これらが頭皮に付着し、油膜を作ると有効成分の浸透を妨げてしまうと言われています。

手作り育毛剤の効果を更に高める!? おすすめのマッサージ方法

手作り育毛剤を使用する際は、マッサージを加えることで更に高い育毛効果に期待できます。血液循環がスムーズになり、頭皮だけでなく体全体が温まりやすく、肩こりや首が痛い時などにも良いそうです。

<手作り育毛剤の効果を更に高める!? おすすめのマッサージ方法>
1.側頭部に指の腹をあて、百会(※頭頂部のほぼ中央にあります)のツボまでゆっくりと動かしていきます。
2.同じ要領で後頭部から百会のツボまでゆっくりと動かしていきます。
3.前頭部から百会のツボまでゆっくりと動かしていきます。
4.最後に中指で百会のツボ、上星(※額の中央から生え際の1cm上にあります)のツボをマッサージして完成です。
5.1〜4の動作を10分間を目安に実践していきましょう。

いかがでしたか?頭皮ケアの怠りだけでなく生活習慣の乱れなども髪が弱る原因になりやすいです。睡眠時間を増やす、栄養バランスを考えた食事を摂るなど他の部分にもしっかり気を配り、少しでも髪への負担を減らしてあげるようにしましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事