ワンランク上のツヤ肌になれる、BBクリームの塗り方をご紹介!

ワンランク上のツヤ肌になれる、BBクリームの塗り方をご紹介!

忙しいときでもさっと塗るだけでベースメイクが完了する便利なBBクリームですが、どんな塗り方をしていますか?ただ均等に伸ばしていませんか?BBクリームの塗り方ひとつで、より立体感のあるワンランク上のツヤ肌が作れますよ。その塗り方のご紹介です!

BBクリームを使いこなせば、ツヤ肌&立体感のある顔になれる!

BBクリームは、美容液、クリーム、日やけ止め、化粧下地、ファンデーションの機能を兼ね備えたものが多く、スキンケアのあと肌につけるだけで毛穴やくすみなどをカバーして素肌感のあるベースメイクをすることができます。

そのBBクリームの塗り方ですが、ただ肌に伸ばすだけではもったいないかもしれません!BBクリームの塗り方を見直しつつ、立体感のある極上のツヤ肌を手に入れてみませんか?

極上のツヤ肌になるためのBBクリームの塗り方

まず、BBクリームを塗る前に化粧水、美容液、乳液などを使って肌に潤いを与えキメを整えておきましょう。BBクリームを手の甲に適量出して指でよく伸ばし、厚みを均一にしておくことでムラになりにくくなりますよ。そして、額、両頬、アゴ、鼻などに指でポンと置いてから伸ばしましょう。

基本的に、BBクリームは顔の内側から外側に向かって伸ばします。フェイスラインのほうにかけて薄くなるように仕上げていくと、首やデコルテとも一体感が生まれて自然な仕上がりになるのです。次は、指の腹を使って小鼻の脇や目元、口元などの細かいパーツを叩き込みながら密着度を高めていきます。

そしていよいよ立体感を出す工程へ!BBクリームを均等に伸ばしたあと、多めに重ね塗りをすることで光が集まり明るくツヤが出るため、この効果を利用します。BBクリームを重ねづけすると立体感が出るパーツは、普段ハイライトを入れる頬の上がベスト。米粒大のBBクリームを指でポンと叩き込むように重ねづけしましょう。

そのほかには、影のできやすい目尻のくぼみ、小鼻のくぼみの赤みをカバーすることで明るくフレッシュな印象になります。目尻のくぼみは綿棒でBBクリームを乗せて馴染ませるとつけすぎを防げますよ。小鼻のくぼみに赤みがある方は、この部分にもBBクリームを押し込むように重ね塗りすることで美しさがアップします。仕上げにフェイスパウダーをつけるとせっかくのツヤ感が消えてしまうので、なるべくBBクリームだけで仕上げるといいですね。

手持ちのBBクリームでいつもと違うツヤ肌に!

BBクリームの仕上げにフェイスパウダーを使わないと崩れてしまいそうと思っている方もいるかと思いますが、BBクリームを叩き込むように馴染ませることで、肌との密着度が高まるためフェイスパウダーを使わなくても崩れにくくなりますよ。手持ちのBBクリームでぜひ試してみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事