【星野リゾート特集】1万円台で楽しめる癒しの軽井沢! 日帰り一人旅のススメ

【星野リゾート特集】1万円台で楽しめる癒しの軽井沢! 日帰り一人旅のススメ

何も持たずに日帰りで、気軽に出かけて、心ゆくまで癒しの時間に浸りたい! そんな夢が叶う日帰りプランをさっそく体験したところ、衝撃的な価格(1.1万円!)ながら驚くほどのハイクオリティ! フラリと新幹線に乗るだけで、癒しの1日が始まります。クタクタに疲れきった方にこそ届けたい、最高の休日のススメ。
「おひとり日帰り湯治」後編

星野リゾート「おひとり日帰り湯治」プランの旅

東京駅から軽井沢駅までは、北陸新幹線で約60分。切符代は往復で約1万円程度です。軽井沢駅から無料の送迎バスに乗り込んで、軽井沢星野エリアにある「ハルニレテラス」に来ています。
冬の軽井沢、実は穴場だった! 静かで美しい日帰りの旅
一人でゆっくり出かけたい。でも、遠出の計画は面倒…。そんな方に向けて、星野リゾートから気軽に心ゆくまで癒しに浸れる「おひとり日帰り湯治」プランが登場しました。

心身ともにリフレッシュできる「温泉」「ランチ」「タイ古式マッサージ」がパッケージになって、1.1万円(税込)という驚きの価格(前半のレポートはこちらから)。
美味しいピッツァランチとハルニレテラスを散策したあとは、「星野温泉 トンボの湯」に向かいます。

「おひとり日帰り湯治」トンボの湯へ

大正時代に開湯した星野温泉の流れを汲む「トンボの湯」。手ぶらで楽しめる、源泉かけ流しの美肌の湯です。入浴料はプランに含まれていて、何度浸かってもOK! 受付で大小のタオルセットをもらったら、いざ入浴。

深めの造りの内湯は、まるでプールのよう! 水圧をかけることによって温泉の成分が体に入りやすくなるとの説もあり、ちょっと体験したことがないくらい体の芯からポカポカに。
13:00 大正時代から続く大自然の「星野温泉 トンボの湯」へ
でも、やっぱり見事なのは露天風呂! 冬のキリッと冷たい空気に震えながらザブン。

お湯の熱さが気持ちよくて、どんどん体のこわばりがほどけていきます。頭上には青空が広がり、目の前には木々の梢から差し込んだ光が、湯の中でキラキラ。

小鳥の声が降ってきて、体はもちろん、目まで癒される自然のパワーが満ちています。
宵闇に輝く、ライトアップされた「トンボの湯」
宵になるとこの通り。ライトアップした湯は昼とは別世界! 何度でも浸かれるから、ランチ前に1回、帰宅前に1回入るスケジュールにするのも良さそう。

ちなみに、アメニティもスキンケア、ヘアケアともにしっかり揃っています。湯上りは、飲める温泉水で水分補給をして、ゆったりと椅子に座りながら日頃の倍くらいの時間をかけてケアするのも楽しいもの。肌も髪もツヤツヤになりますよ。

「おひとり日帰り湯治」タイ古式マッサージへ

温泉に浸かって体が柔らかくなったら、ハルニレテラスの「常世」へ。天窓から自然光が降ってくる和風のモダンな空間で、タイ古式マッサージ(60分)が受けられるのです。
14:00 夢心地のマッサージタイム
ゆるっとした上下のウェアに着替えてスタート。日頃のデスクワークで疲れた腰、肩、首、頭を、呼吸に合わせてゆっくりと深く、丁寧に揉みほぐしてもらいます。

優しく包み込むようにマッサージされてウトウト。いつの間にか夢の中に導かれる、時間を忘れる楽園の旅です。仕上げはタイ式ならではのアクロバティックなストレッチ。あちこちの骨が鳴ってスッキリ。
ぐーっと体を伸ばすたびに骨がポキポキ!
最後はめぐりの良くなった体で、しっかり老廃物を出すべく水分補給。おいしい甘茶をいただいて終了! 首やの詰まりがとれたのか目もぱっちり、よく見えるのが爽快。すっかり身軽になって、お店を後にしました。

「おひとり湯治」ハルニレテラスの午後のデザート

ハルニレテラスには「常世」の他にも、軽井沢らしい個性豊かな15のお店が揃っています。午後のスイーツタイムを楽しむなら、「ナガイファーム」のジェラートはいかが?
15:30 農場ならではのユニークなスイーツ
「わたしたちのジェラートは牛乳をしぼるところから始まります」という永井農場直営のジェラートショップ。濃厚で新鮮な牧場の牛乳の味がする「ピュアミルク」が一番人気。ほか、特産品の花豆を使った「お母さんの煮花豆」「農場のコシヒカリ」といった変わり種にも出会えるかも。

「おひとり湯治」ハルニレテラスのお土産探し

東京・広尾にもある行列ができるベーカリー・レストレランも、ハルニレテラスに軒を連ねるお店の一つです。店内はパンのいい香り!
16:00人気の「沢村」で明日の朝食ハンティング
自家製酵母の焼きたてパンと本格的な欧風料理が人気のお店。明朝に食べたいパンを持ち帰って、おうちで旅の余韻を楽しむのもステキですね。

ハルニレテラスでは17:00頃には閉店する店舗も多いので、気に入ったものは見つけた時に入手するのが、買いそびれないお買い物のコツです。

立ち寄ってみる!? 天然氷の「ケラ池スケートリンク」

「おひとり日帰り湯治」プランには含まれませんが、トンボの湯から徒歩5分の場所に冬季限定の「ケラ池スケートリンク」(1800円/貸し靴料込み)があります。
「ケラ池スケートリンク」に行ってみると…
このリンクの素晴らしいところは、初心者でもみんなが池の中を自由自在にすべれるところ! その秘密は…
北欧風のカワイイ椅子のソリにつかまってスイスイ♪
ここには椅子のソリがあって、背もたれにつかまると前傾姿勢で滑ることができるんです。初めての私も転ぶことなく、池を何周もできました!

しかも、このスケートリンクの中には珍しいことに天然氷のエリアも!

天然氷はびっくりするほどツルンツルンで、摩擦ゼロのなめらかなすべり心地。氷の中には葉っぱが透けて見えてドキドキします。
スケートを楽しんだ後は氷上のカフェタイム
さすがに”おひとりスケート”にはちょっとした寂寥感がありましたが、澄んだ空気の中で体を動かすのは、最高のリフレッシュになりました!

「おひとり日帰り湯治」プランのススメ

ランチ、温泉、マッサージに、体も心も芯から癒される「おひとり日帰り湯治」プラン。

ひとり旅は計画を立てるのが面倒だけど、このプランは前日18時までに予約をして、手ぶらでフラリと新幹線に乗ればいいだけ。もう何も考えられない、疲れ果てた人にぜひともオススメのプランでした。
「おひとり日帰り湯治」気軽なショートトリップの楽しみ
たとえば土曜日に旅に出て、思いっきりリフレッシュして。旅先からおいしいパンや食材を持ち帰り、日曜日にはお土産を味わいながら楽しかった余韻に浸る。そんな週末も楽しそうですね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
【「おひとり日帰り湯治」プランのスケジュール例】

9:30 東京駅 出発(JR北陸新幹線)
10:30 軽井沢駅 到着
10:50 タクシーまたは中軽井沢駅からシャトルバスでハルニレテラス到着
11:00 ランチ
12:00 軽井沢星野エリア内 散策
13:00 星野温泉 トンボの湯 入浴
14:30 タイ古式マッサージ
16:30 タクシーで軽井沢駅へ、またはシャトルバスで中軽井沢駅へ
17:00 軽井沢駅 出発
18:00 東京駅 到着
「おひとり日帰り湯治」情報
■軽井沢星野エリア
大正時代、文豪や芸術家が集い、コミュニティが形成されていた軽井沢星野エリア。古くから、多くの人々に愛され続けているこの場所は、現在、自然や文化を愛する人々が集う“小さな街”となりました。爽やかな風、川のせせらぎ、やわらかな木洩れ陽、変わらない豊かな自然と共に「軽井沢ライフ」に彩りを添える、くつろぎのエリアです。

■軽井沢星野エリア 公式サイト
http://www.hoshino-area.jp/

■「おひとり日帰り湯治」プラン情報
http://www.hoshino-area.jp/archives/4614

期間:2018年3月31日まで
料金:11,000円(税込)
(含まれるもの:ランチ、温泉入浴料、タオルレンタル、タイ古式マッサージ60分)
予約方法:ハルニレテラスへ電話またはメールにて前日18時までに要予約
電話:0267-45-5853
メール:info-hoshinoarea@hoshinoresort.com

もっと知りたい!星野リゾート「星のや軽井沢」

関連記事