お肌のくすみはお菓子が原因?糖化がお肌の老化を加速させる!

お肌のくすみはお菓子が原因?糖化がお肌の老化を加速させる!

みなさん「糖化」という言葉をご存知でしょうか?お肌の老化にはさまざまな原因がありますが、この糖化もその一つ。食事で取り込まれた糖のなかで、代謝されなかったものが体内に蓄積されてお肌の老化を早めてしまうのだとか!

気をつけたい老化の原因「糖化」とは?

毎日の肌ケアは本当に大変ですよね。特にお肌の老化は現実から目をそらせばどんどん進行してしまいます。

お肌の老化の原因は大きく3つあります。なかでも避けられないのが「加齢」です。年齢を重ねることで細胞も老化し、お肌にも現れてきます。

そしてもう一つは、ストレスや紫外線、さらには喫煙などによって体内に活性酸素が増えすぎてしまう「酸化」による老化。お肌への影響はもちろん、病気の原因にもつながると言われています。

最後にご紹介するのが「糖化」による老化。エネルギーとして代謝されなかった糖は、タンパク質と結びついて発生します。糖化されたタンパク質は褐色に変色します。

ここで言うタンパク質には、お肌のハリに重要なコラーゲンも含まれています。つまり、コラーゲンが糖化して水分を失ったり、黄ばんでしまうことでお肌のくすみにつながってしまうのです。

また、コラーゲン同士をつなぐ役割を担う「エラスチン」もタンパク質でできています。そのため、エラスチンも糖化してしまうとコラーゲンをつなぎ合わせることができなくなり、ハリやシワにつながるというのです。ほうれい線の原因にも糖化が関係しているので、糖の摂りすぎには注意が必要です。

酸化はお肌がサビていくのに対して、糖化はお肌の細胞が焦げていくイメージです。糖化もお肌の老化だけでなく、病気を引き起こす原因になるので注意が必要です。

糖化による老化を抑えるにはどうしたらいいの?

さまざまなエイジングケア化粧品などで老化対策していても、なかなかくすみやたるみが消えないという人は、糖化が原因の可能性があります。

お菓子や炭酸などのジュースはもちろん、揚げ物やステーキ、炒め物などに使われる肉類の過剰摂取は糖化を引き起こす可能性があります。

また、抗糖化効果のある食材も対処法として有効です。ルイボス茶や大豆、鶏のササミ肉、ブルーベリーなど。積極的に摂取しておきたいですね。

そして、血糖値が上がる食材は糖化につながりやすいので、白米を玄米に代えるのも糖化対策として効果的でしょう。できるだけ血糖値が上がりにくい食事を心がけることが重要です。

お肌が黄色にくすんでいたら、糖化を疑って食生活を見直してみましょう!老化は生活習慣で遅らせることができるのですから。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事