毎日身体を洗うのはNGだった!乾燥肌を招くお風呂の入り方とは?

毎日身体を洗うのはNGだった!乾燥肌を招くお風呂の入り方とは?

今日も長い1日が終わって、やっとくつろぎのお風呂の時間。身体をゴシゴシ洗って湯船に浸かって。そんな毎日の繰り返し。でもこの毎日身体を洗うことが、くすみや肌荒れ、乾燥肌を招く原因だと言われているのをご存知でしたか?

毎日お風呂で身体を洗うと乾燥肌に?

あなたは毎日お風呂で身体を洗っていますか?ほとんどの人が「はい」と答えるでしょう。それぐらい日本人は清潔だと言えるのかもしれませんが、実はほかの国の人たちよりも、日本人は乾燥肌やアトピーの人が多いそうで、その原因の一つが身体の洗いすぎと考えられているのです。

さらに言えば、欧米人と比べて日本人は皮脂腺の量が少ないので、皮脂の分泌量も多くありません。そのため、毎日身体を洗うほど汚れていないことがほとんどなのだとか。

なんともショックな話ですが、私たちは清潔にしているつもりが、身体に必要な皮脂膜や保湿成分の潤いまで奪っていて、くすみや肌荒れのほか、乾燥肌などのさまざまな肌トラブルを引き起こしているケースが多いと言われています。

毎日身体を洗う場所と洗わない場所

それでも毎日身体を洗わないことに、少し抵抗を感じるかもしれませんが、もう少し細かく言うと、毎日洗う場所と洗わない場所があります。

毎日洗う場所は、皮脂腺が多い部分や汗が溜まりやすい部分で、それ以外の場所はお湯でしっかりと流せばよいのだそう。

さて、では「毎日洗う場所」とはどこなのでしょうか?

皮脂腺が多いのは「胸の上あたり」「両脇」「背中」「首筋」「耳の後ろ」だと言われています。この部分は毎日洗ってもよいとされていますが、ゴシゴシと洗うのはよくありません。泡立ててさっとなでるように洗うのがポイントです。

また、ほかの部分を洗わないことに抵抗がある人は、湯船に浸かるのがおすすめです。全身の汚れや余分な皮脂が取れるので石鹸で洗わなくても身体がキレイになります。

湯船に浸かるときは、熱めのお湯だとお肌の水分を奪ってしまい乾燥につながるので、少し温度を下げて浸かるようにしましょう。

毎日身体を洗う場所をしっかり見極めて、美肌に大切な皮脂膜を洗い落とさないように心がけましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事