運動嫌いのダイエットには◯◯を食べるのが効く!

運動嫌いのダイエットには◯◯を食べるのが効く!

「今年こそ痩せる!」と誓ったのに、太ったまま終わってしまった2017年。
痩せなかったのは、あなたが悪いんじゃない。ダイエット法が間違っていたから、たぶん……。2018年こそ、確実に結果が出せる方法にトライ!

運動嫌い! 食事で引き締めたい!女子向けダイエット

カロリー制限、糖質オフダイエットなど、食事制限系のダイエットで失敗している理由は、たんぱく質不足にあった!?

<教えてくれたのは>
管理栄養士 安中千絵さん
㈱タニタ勤務を経て独立。企業の食・健康事業のコンサルティングや商品開発に携わる。著書に『おやつで痩せる』(PHP研究所)など。

1食「たんぱく質20g食」 で燃焼ボディをつくる!

たんぱく質が足りないと脂肪を燃焼しにくい体に
食事制限ダイエットをやめた途端に元の体重以上にリバウンド。これは、たんぱく質不足が原因のひとつ!「食事制限を始めると、太りそうなイメージのお肉や乳製品を避けて、たんぱく質が不足することがあります。たんぱく質は、代謝を上げる筋肉はもちろん、すべての細胞の材料になるもの。また、たんぱく質を含む肉や魚には、代謝をサポートするビタミンB1やB2が含まれています。つまりたんぱく質をとらないと、燃焼しにくい体をつくることに。目安は1食につき20g。たんぱく質は腹持ちがいいので、食べれば満足度が上がり、間食も減らせます」(安中千絵さん)

Q.どうしてたんぱく質が必要なの?

A.筋肉や細胞のもとたんぱく質がないと脂肪は燃えない
たんぱく質は、細胞、血管、筋肉など、体を構成するもとになるもの。たんぱく質が不足すると血流も悪くなり、筋肉の材料がなくなるので、代謝が落ちて、脂肪が燃えにくくなる。運動をしなくても必要不可欠な栄養素なのだ。

Q.どれくらいとればいいの?

A.体重1kgにつき1g程度。1食20gを目標にとる
たんぱく質は体重1㎏につき1g程度が目安。ただし、肉を70gとったからといって70gのたんぱく質が含まれているわけではない。それぞれの食品のたんぱく質量をチェックして、1食につき数種の食材から20gとるのを目標に。

Q.とりすぎると太らない?

A.肉、魚、卵だけを太るまで食べるのは、フツーの女子には至難のワザ
サーロインステーキなど脂がのった肉に太るイメージがあるのはカロリーが高いせい。肉、魚、卵だけを太るまで食べるのは、フツーの女子には難しい。カロリーは気にせず、さまざまな種類のたんぱく質をとるように心がけよう。

身近な食材を組み合わせて 1食につきたんぱく質20gを目指そう

食べやすい分量でチェックしてみよう!

大豆・乳製品・卵

肉・魚

炭水化物

コンビニで買える1食たんぱく質20g超えごはん例

<朝>TOTALたんぱく質:約23.6g

◆メニュー◆
ヨーグルト
ハム卵サンド
クラムチャウダー

<昼>TOTALたんぱく質:約25.5g

◆メニュー◆
しょうが焼き+具だくさんサラダ
鮭おにぎり

<夜>TOTALたんぱく質:約23.7g

◆メニュー◆
青菜の煮つけ
納豆巻き
おでん盛り合わせ

撮影/恩田亮一 取材・文・構成/山本美和

関連キーワード

関連記事