【30代女性に急増中!?】若年性更年期障害の特徴・予防方法について

【30代女性に急増中!?】若年性更年期障害の特徴・予防方法について

「更年期障害」と聞くと閉経前の40代後半〜50代前後の女性が発症するイメージが強いかもしれませんが、最近では20〜30代の若い女性の間でも更年期のような症状に悩まされている方が増えていることをご存知でしょうか?

30代女性に多い若年性更年期障害とは?特徴について

30代から起こる更年期障害に似た症状のことを「プレ更年期」や「若年性更年期障害」と呼ぶそうです。一体どのような特徴があるのか具体的にチェックしていきたいと思います。

<若年性更年期障害の特徴について>
・仕事や人間関係によるストレスが多い
・睡眠をとってもなかなか疲れがとれない
・遊ぶことや恋愛をすることが面倒
・生理の周期が不定期
・肌や髪に急激な衰えを感じる
・顔と首に大量の汗をかく
・憂鬱、怒りっぽいなど精神的に不安定

以上のような項目がプレ更年期こと若年性更年期障害の特徴と言われています。放置してしまうと一時的に無月経になる可能性もあるそうですので気になる方は早めに婦人科へ足を運ぶようにしましょう。

若年性更年期障害の正しい予防方法

更年期は卵巣機能の急激な低下が原因とされますが、若年性更年期障害の場合卵巣機能自体は保たれており、ストレスによって自律神経が乱れ、ホルモンの分泌が上手く行かないことが原因と言われています。よって正しい対策を実践しておけば事前に予防することも可能なのだそうです。

<若年性更年期障害の正しい予防方法>
【ストレスを溜めない】ストレスは溜めれば溜めるほど大爆発に繋がり、体調を崩す原因になりやすいので出来るだけ小さいうちにガス抜きするようにしましょう。そのためにはアロマで気分を変えたり、映画で涙活をするなどして自分なりのストレス解消法を持っておくことが大切です。

【感情の浮き沈みの原因を理解する】プレ更年期は理由もなくイライラしたり、涙もろくなったりしやすくなります。そこで「自分の心のせいだ!」と考えると余計に辛くなってしまうようです。それよりも「これは女性ホルモンの仕業だから仕方がない。波が過ぎるのを待とう」と冷静になると感情の起伏に振り回されることが少なくなると言われています。

【バランスの整った食生活】ホルモンバランスを整えるにはストレス解消と同時に食事によるケアも積極的に実践していきましょう。なかでも女性ホルモンと似た働きをもつ大豆イソフラボンが豊富に含まれる豆乳・納豆などの大豆製品がおすすめです。

【適度な運動】健康維持に欠かせないイメージがある運動ですが、激しい運動を過度に続けているとホルモンバランスが乱れ、プレ更年期を発症しやすくなると言われています。自分自身にあったトレーニングメニューを無理のない程度に取り入れていくようにしましょう。

いかがでしたか?「自分もそうかも?」と心当たりがある女性は是非参考にされてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事