効果を半減させないために!「発酵食品」の効果的な食べ方とは

効果を半減させないために!「発酵食品」の効果的な食べ方とは

身体や美容に良いとされる「発酵食品」。既に日々の食事に取り入れているという方も多いのではないでしょうか。せっかく食べるのであれば、効果を最大限引き出したいですよね!効果を半減させない為の食べ方をチェックしましょう。

ただ食べるだけじゃ勿体ない!「発酵食品」の効果的な食べ方

テレビや雑誌でもよく取り上げられ、注目されることも多い「発酵食品」。
発酵食品は、微生物の働きを利用し、食材を発酵させたものです。

納豆・味噌・醤油・漬物・塩麹・酢・キムチ・ヨーグルト・チーズ・パン・ワイン・ビールなど、とても多くの種類の発酵食品が存在し、昔から日本の食生活も支えてきました。

発酵食品に含まれる菌は、腸内環境を整えたり、腸内の免疫細胞を活発に働かせ、健康や美容に様々な効果をもたらしてくれます。
しかし、間違った食べ方をしてしまうと、効果が半減してしまうこともあるんです!

せっかく食べるのであれば、最大限効果を引き出す食べ方をしたいですよね。
以下のポイントを意識するようにしてみましょう。

◎生のままで食べる
発酵食品に含まれる「酵素」は、熱に弱い為、加熱しすぎないようにしてください。

◎継続して食べる
ある程度の期間、継続して食べることが大切です。
効果がすぐに感じられなくても、最低3か月は続けてみましょう。

◎何種類かの発酵食品を取り入れる
発酵食品は、食材によって異なる菌を含んでいます。
何種類かの発酵食品を取り入れることで、様々な菌や栄養を摂取することが出来ます。

相乗効果が期待出来る!「発酵食品」のオススメの組み合わせ

発酵食品を組み合わせることで、より高い効果を期待出来ると言われています。
オススメの組み合わせを、いくつがご紹介します。

■納豆×キムチ
■納豆×大根おろし
■チーズ×キムチ
■味噌×チーズ
■味噌×きのこ類・根菜類
■ヨーグルト×バナナ
■ヨーグルト×甘酒 など

発酵食品同士は相性も良く、色々な組み合わせが出来るので、ぜひお気に入りの組み合わせを見つけてみてくださいね!

健康にも美容にも効果が出来る「発酵食品」。
効果的な食べ方のポイントをおさえつつ、ぜひ積極的に取り入れてみてください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事