もっと美しい髪になるなら、肌だけでなく髪にも紫外線対策を

もっと美しい髪になるなら、肌だけでなく髪にも紫外線対策を

一年中降り注いでいる紫外線ですが、これから春になりさらに紫外線量が増えていきます。どんなにヘアケアを頑張っていても、紫外線をたくさん浴びると髪が傷んでしまうため、今の時期から髪の紫外線対策を始めていきましょう。

髪の毛に紫外線が当たるとどうなるの?

髪には顔の約3倍もの紫外線が降り注ぐと言われています。紫外線が髪に当たると髪を保護するためのキューティクルが壊れて、タンパク質や水分を保持できなくなり、パサついたダメージ毛になってしまう可能性が…。

それだけでなく、頭皮にも悪影響をもたらして抜け毛の原因になってしまう場合もあるのです。紫外線は特に頭皮に当たりやすいため、毛先だけでなく頭皮の紫外線対策も大切ですよ。

帽子・日焼け止めスプレー・オイルを使って髪と頭皮の紫外線対策を

頭皮の紫外線対策は、帽子や日傘が効果的ですが帽子から出ている毛先には紫外線が当たってしまいます。そのため、帽子で紫外線対策をするときにはできるだけつばの大きい帽子を被ったり、まとめ髪をして紫外線に当たらないようにするといいでしょう。

帽子を被ると頭皮の蒸れが気になる、帽子を取ったときヘアセットが崩れる、という方はシュッとスプレーするだけで紫外線対策ができる日焼け止めスプレーがおすすめです。頭皮に使う場合は、顔用のものがベスト。ムラにならないように少し離して髪の表面にしっかりスプレーしていきます。

髪の毛がパサパサでまとまらないという方は、紫外線カット機能がついたヘアオイルがおすすめです。ストレートアイロンやカールアイロンなどでセットしたあと、仕上げにオイルを馴染ませるとパサつきも防げて一石二鳥!頭皮にオイルをつける場合は、付けすぎるとベタついてしまうので1滴のオイルを手のひらで擦り合わせてから、頭皮を優しく押さえつけるようにしてくださいね。

また、美しい髪になるには紫外線対策だけでなく毎日のヘアケアも大切!トリートメントやヘアマスクなどをつけてホットタオルの蒸気で温めたり、ドライヤーの前後にアウトバストリートメントをつけて髪を熱から保護してあげましょう。

髪や頭皮の紫外線対策も抜かりなく!

顔や身体は日焼け止めクリームなどで紫外線対策をすることができますが、髪の毛や頭皮の場合は帽子や日傘、日焼け止めスプレーや紫外線カット力のあるオイルを使って紫外線から守ってあげることがポイントです。
これから春夏にかけて、紫外線量がぐんと増えてくるので参考にしてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事