【頭皮マッサージのやり方】オフィスでできる頭皮マッサージでリフレッシュ!

【頭皮マッサージのやり方】オフィスでできる頭皮マッサージでリフレッシュ!

頭皮ケアは毎日やるべき……と頭では分かっていても、「実際にどうやるのが最も効果的が分からない」など、毎日続けるにはちょっとハードルが高い。そんなアナタのために、美容室専売のヘッドスパブランドイーラルでインストラクターをしている菅野麻衣さんが、頭皮マッサージのハウツーを動画で伝授。簡単なのに効果アリだから、早速挑戦してみて!

《頭皮マッサージ【基本編】はこちらからcheck!》
【セルフマッサージで頭皮も髪も変わる……!?】 毎日やりたい! 頭皮マッサージ【基本編】

頭皮マッサージでリフレッシュできる?

長時間のPC作業やいつまでも終わらない会議の嵐……。オフィスで疲れを感じたときに、ササッとできる『リフレッシュ系の頭皮マッサージ』をご紹介。
常に上からかかってくる重力に加えて、ずっと同じ格好をしていることで固まってしまうのは、カラダだけでなく頭皮も一緒。むしろ頭皮を固まったまま放置しておくと、血流が滞ってしまうため、ほかの部位もほぐれないという悪循環に。ちょっと立ち上がって伸びをしたりストレッチを行うタイミングで、頭皮も一緒にほぐしてあげましょう!頭皮マッサージが終わる頃には、カラダの疲れも取れて、集中力が戻ってくるのを実感できるはず。

オフィスで簡単にできるリフレッシュマッサージ

【POINT】
頭皮を動かすのはもちろんだけど、肩や背中といった大きな筋肉も同時に動かしてあげることが重要。相乗効果でより血流が流れやすくなって、リフレッシュ感もアップ! 疲れもむくみも取れます!

【タイミング】
疲れたとか、集中力が欠けていると感じたときならいつでもOK! 15時のおやつのタイミングなど、行うタイミングをルーティンにしておくのもナイスアイデア。

【プラスアイテム】
かっさプレートやコロコロなど、美容ギアを使ってもOK。使いやすいアイテムを見つけて!

オフィスなどの業務では同じ姿勢でいることが多く、肩や背中にある大きい筋肉までもが硬直してしまいます。すると、カラダの末端である頭皮の血流やリンパにまで影響が勃発。全身の巡りが悪くなることで、さらなる集中力の低下や疲れ、頭皮のむくみの悪化といった悪循環が生まれてしまいます。カラダは皮膚一枚で繋がっているもの。耳上の側頭部から首筋、肩、鎖骨などトータルでほぐしていけば、効果大!

HOW TO DO SELF MASSAGE

1)肩回しからスタート。単純に肩を動かすだけでなく、肩の可動域をしっかり開かせるということを意識して。5本の指で肩の骨をつかんだら、そのままの状態でヒジと二の腕をカラダの側面にこすりつけるように後ろから前へと腕を動かす。どんどんヒジを上げていき、二の腕が耳をこするようなイメージで真上まで上げたら、そのままヒジが真後ろに向かうようにぐるんと大きく回してフィニッシュ! この方法なら肩甲骨までしっかり動くので、血流も一気にアップ! 両肩をしっかり動かすと、あっという間にポカポカしてくるのを感じるはず。

2)手のひらにある母指球の部分をこめかみの一番凹んでいる部分にあてて、真横にじわじわとゆっくり押す。頭の中心に向かってゆっくりと圧をかけていくようなイメージで。5秒間じわじわとプッシュをしたら、次は目尻付近に移動。同様に母指球部分を使って、頭の中央方向に向けてじっくりと圧をかける。最後に耳上あたりの生え際エリアをプッシュ。どれも5秒ずつ押して。

3)首と後頭骨の境目にはツボがたくさんあるので、ピンポイントで効かせるように親指の腹を使ってプッシュ。後頭骨を抱えるようにした状態で、両手の親指の腹を首と頭の境目にあてて、外側から中央に向ってずらしながら左右それぞれ4カ所をギュッと押して。痛気持ちいいぐらいで大丈夫。

4)次は手でこぶしをつくり、第二関節を首筋にあてて押すようにマッサージ。まずはアゴに近いあたり、首の中間よりやや上、やや下、最後に肩に近いところと、4カ所をそれぞれ5秒ほどプッシュ。

5)脱力した状態で、頭を後ろにゆっくりと傾けて10秒間ほど静止。首の筋~肩にかけて血流が巡るのを体感して。

6)最後に頭の重さを利用しながら、ゆっくりと首を回しましょう。2~3回、左右両方やると効果的!

マッサージのハウツーを動画できっちりマスター!


疲れやむくみを感じても、それが“筋肉の硬直”と感じる人は少ないと思います。だからこそ、ぜひ筋肉をほぐすことに注力してみてください。こわばってしまった筋肉はストレッチなどの伸縮運動や軽い圧をかけることで簡単に解消することができるんです。特に目の高さの側頭部は手のひら全体で包み込むようにゆっくり指圧を。そこから首、肩の順番で徐々に下方向へ移動させることで、リンパも流れやすくなります。筋肉の凝りが強いところは指の腹を使ったほうがほぐれやすいです。

もうひとつ、リフレッシュするには“大きな筋肉も同時にほぐす”というのも覚えておきたい重要なポイント。肩や首も回しつつ、マッサージに入る前に手を温めておくと、さらにほぐれやすくなります。

裏ワザとして、サックリ筋肉を温めるのに有効なのはカイロ。寒い冬場はもちろんですが、冷房が効きすぎてしまう夏場にも活躍するので、オフィスの引き出しに常備しておくと便利です!

教えてくれたのは

イーラル株式会社 営業部 教育グループ リーダー 菅野麻衣さん
イーラルを代表する技術インストラクターで、全国のイーラル取り扱い美容室の美容師にイーラル独自のマッサージテクニックをレクチャー。分かりやすく効果的なテクニックは、プロへの技術指導のみならず、一般の人でも真似しやすいモノばかり。また、技術者の視点を生かし、商品サンプルの比較なども行う。

関連キーワード

関連記事