私たちの早めの花粉症対策~GINGERリアル読者のビューティルポ~

私たちの早めの花粉症対策~GINGERリアル読者のビューティルポ~

GINGERの読者サポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな...

GINGERの読者サポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声とともにお届けする連載!
今回のテーマは早めの対策で花粉をブロック。毎年多くの人が花粉症に悩まされているかと思いますが、少しでも症状を緩和、または改善したいものですよね。毎日続けられて、内側からケアできる花粉症対策法をお届けします。 

【山岸彩香さん/写真左】乳酸菌パワーで花粉を撃退!

寒さがまだまだ続きますが、あと1カ月ちょっと経てば、春はもうすぐそこまでやってきます。春は暖かいですし、お花とか緑が増えて大好きな季節ですが、一番恐ろしいのがやはり花粉!!これさえ無かったら最高なのに。とため息が出てしまうほど、うらめしい存在です。

Licensed by Getty Images

年々症状が酷くなってきて、去年アレルギー検査をしたら、スギ花粉に対しての症状が特に出ると診断されました。スギ花粉は2月下旬から4月上旬にかけて発生するので、今年は早めに対策を取るようにしました!!

毎日簡単に出来る対策として、ヨーグルトの乳酸菌に花粉症抑制の効果があると知り、それ以来毎日食べています。でも毎日同じの食べていると飽きてしまいますよね?  なので、いろいろなアレンジで美味しくヨーグルトライフを送っています。なかでもおすすめのアレンジをふたつご紹介します。

こちらはバナナとキウイの蜂蜜漬けです。キウイは酸味が強いので、蜂蜜に漬けることで、やさしい味わいになります。

こちらはバナナとフルーツシリアル。シリアルをいれることで、食べ応えがアップするので、朝食にぴったりです。

さらに、バナナとシリアルにきな粉を入れたら和風に! 3時のおやつにもおすすめですよ。

どちらのアレンジにもバナナが入っていますが、花粉症にはバナナも効くそうなので、乳酸菌とバナナの無敵コンビで花粉対策ができます。ぜひこのヨーグルトアレンジで、簡単&美味しく、花粉に備えていきましょう!!

美GINGER NO.003 山岸彩香
ファッションやコスメなど、手軽に綺麗になる方法を日々研究中。お気に入りのコスメはとことん使い倒す主義で、なかでもベースメイクのこだわりは強い。インスタグラムはこちら


【三井菜那さん/写真右】花粉シーズンを快適に乗りきる秘策

毎年花粉シーズンになると、薬が効かず眠れない日が続くほど花粉症に悩まされてきました。ですが、あるふたつのことを実践するようになって、花粉症の症状が一気にやわらぎ、なんと去年は内服薬に頼らず、花粉シーズンを乗りきることができました!

美容効果、アンチエイジング効果で有名なプラセンタですが、抗アレルギー作用や抗炎症作用もあるため、花粉対策として今の時期は2週に1度打つようにしています。定期的に体内にプラセンタを注入することで、花粉による肌トラブルも防げます。

また、プラスケアとして、花粉症暖和効果のあるニューカレドニア産のオーガニック生はちみつを積極的に摂取しています。

これらを取り入れることで、去年の花粉シーズンは、まったく辛くなく快適に過ごすことができました。今年も漢方とプラセンタ注射で花粉シーズンを乗りきろうと思います!

美GINGER NO.030 三井菜那
渋谷DSクリニックで広報・PRとして勤める。コスメはもちろん、ボディケア、インナーケアなどの美容が大好き。仕事柄、常に最先端の美容グッズやケア方法、マシンなどを見つけては試して、さらなる美を追い求める。最近はインナービューティーに注目している。インスタグラムはこちら

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

関連キーワード

関連記事