新しいデトックスウォーター!「オクラ水」でむくみ知らずに!?

新しいデトックスウォーター!「オクラ水」でむくみ知らずに!?

デトックスウォーターと言えばフルーツを入れたものが主流ですが、オクラを一晩水につけた「オクラ水」がむくみが取れたり、ダイエットに役立つと評判が良いそうです。簡単に作れて、残ったオクラも食べられるので、ぜひ試してくださいね。

新しいデトックスウォーターの「オクラ水」とは

オクラを一晩水につけて作るデトックスウォーターの「オクラ水」をご存知ですか?なんと、この「オクラ水」は整形外科などで血流の悪い方に勧められているのだそうです。オクラのネバネバが血液をサラサラにすることから、血行不良によるむくみに良いと言われています。しかも、腸内環境を整え、ネバネバが余分な糖分や脂肪分の吸収を抑えてくれることから、血糖値を下げダイエットにも効果が期待できるとも言われています。オクラは水溶性食物繊維やカリウムも含まれているので、塩分を排出する動きもあり、むくみにくくなるということなのでしょうね。

むくみ予防に期待できる「オクラ水」の作り方

それでは早速「オクラ水」の作り方をご紹介いたします。

【オクラ水の作り方】
<材料>
・オクラ 5本
・水 100〜180ml

<下準備>
海外産のオクラの場合は良く洗うか、30分以上水につけておく

<作り方>
1.オクラのヘタを包丁で切って取り除く。
2.コップにオクラの切った部分が下にくるように入れ、水にオクラが浸かるように入れる。
3.ラップをして冷蔵庫で8〜12時間置き、オクラを取り出したら「オクラ水」の出来上がり。
次に、オクラ水の飲み方とその感想ご紹介します。

【オクラ水飲み方】
朝に1〜2杯を食前に飲むと、オクラ水のとろみがほどよく満腹感を与え食べ過ぎ防止にもなり、オクラの成分で血糖値が上がりにくくなるのだそう。

【飲んだ感想】
オクラのネバネバが溶け出ているのかコップの下の方にとろみが残るので、しっかり混ぜてから飲んだ方が良さそうです。思ったよりも青臭さはなかったのですが、ほのかにオクラの匂いがするので苦手な方は生姜の絞り汁やレモン、はちみつ、わさび、からしなどを少量入れると飲みやすくなります。朝一番に冷たいものが飲みにくい場合はぬるま湯を足して人肌程度に温めて飲むと良いそうです。加熱は成分が壊れるのでNGです。

いかがでしたか?使った後のオクラも食べられるので、そのまま朝食に使うと良いですね。寝る前に作って朝に飲むことができる簡単なデトックスウォーターなのでぜひお試しください。

※当記事はライターの体験や知見を参考にした情報も含まれております。味覚の感じ方は個人により異なります。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事