濃密なクレンジングクリームで“もちもちしっとり”の洗い上がりに

濃密なクレンジングクリームで“もちもちしっとり”の洗い上がりに

クレンジングクリームはベタベタして面倒、メイクがなかなか落ちない、などマイナスなイメージを持っている方も少なくないはず。ですが、クレンジングクリームを使いこなせば、メイクを落としたあとも、もちもちでしっとりとした肌に近づけますよ。

クレンジングクリームはオイルクレンジングの次に落としやすい!?

クレンジングクリームは、クレンジングの中でもメイクを落としにくいと思いがちですが、実はオイルクレンジングの次に高い洗浄力を持つと言われています。

リキッドファンデーションやパウダーファンデーションなどのベースメイクは、水溶性のジェルクレンジングや拭き取りクレンジングを使ってもなかなか落としきれないものの、クレンジングクリームには油分が多く配合されているため、スルッとベースメイクを落とすことができるのです。

クレンジングクリームの魅力とスルッと落ちるクレンジング方法

クレンジングクリームには、こっくりとしたクリームの中に保湿成分やエモリエント成分が豊富に含まれていることが多く、メイクを落としながら潤いを保つことができます。それだけでなく、クレンジングクリームは厚みがあるので肌との摩擦を軽減できるというメリットも。

ただ、クレンジングクリームといったらベタベタして水で洗い流すのも一苦労…。洗顔やぬるま湯で洗い流しても、ベタつきが残ってさっぱりしませんよね。ですが、ぬるま湯で洗い流す前にティッシュでオフしておくことで簡単にメイクを落とすことができますよ。

まず、メイクの上からホットタオルを当てて毛穴を開かせておきます。ホットタオルを外したら、500円玉ほどのクレンジングクリームを手のひらで温めて顔全体につけていきましょう。摩擦を与えないように優しくくるくる馴染ませていき、ファンデーションが溜まりやすい小鼻の脇は念入りに落とします。クレンジングクリームの感触がなめらかになってメイクが浮いてきたら、そのまま洗い流すのではなくティッシュを使いましょう。

まずは、額や頬などの広い範囲をティッシュで押さえて上から手を重ね、余分な油分をティッシュに吸収させます。目元や口元などの細かいパーツはティッシュを詰めて小さく畳み、指で優しく叩き込むといいですね。全体的にクレンジングクリームのベタつきがなくなったら、ぬるま湯で予洗いし、洗顔を使って洗い流せば完了です。

クレンジングクリームを使った後のもちもち肌が病みつきになるはず!

洗浄力が弱い、ベタベタして使いにくいと思いがちなクレンジングクリームですが、油分がたっぷり含まれているのでベースメイクとの馴染みがよく、ティッシュを使えば簡単にオフすることができますよ。
潤いを保ちながらクレンジングをしたい、肌との摩擦が気になる、という方はぜひクレンジングクリームを使ってみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事