睡眠不足は美容の大敵!眠れない夜はクラシックを聴いて安眠!

睡眠不足は美容の大敵!眠れない夜はクラシックを聴いて安眠!

眠れない。そんな夜もありますよね。でも睡眠不足は美容にとって大敵です。焦れば焦るほど眠れなくなります。そんなとき、安眠へと誘うクラシックはいかがですか?優しい音色で深く眠れば、ホルモンの分泌も活発になるかもしれません。

睡眠を妨げるストレスをクラシックが和らげる?

不眠や寝不足は美容に悪い。それはわかっていても、ストレスや悩みなど疲れているのに眠れない。そんな夜もありますよね。いわば交感神経が働いてしまっている状態で体がリラックスモードになっていないのです。

そんな状態でなんとか眠りについたとしても、浅い眠りで、途中で起きてしまったりして、成長ホルモンも満足に分泌されないでしょう。

できるだけ雑念を振り払って心穏やかに深く眠るために、「クラシック」が効果的なのをご存知ですか?

あまり激しい情熱や悲劇を表すような交響曲というよりは、静かなピアノやバイオリンの楽曲が優しく眠りへと誘うと言われていますが、事実クラシックのなかには子守唄として作られた楽曲も数多くあり、その効果もα波ミュージックとして体をリラックスモード、つまり副交感神経へとスイッチさせる効果があるのだとか。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠とがあり、6〜8時間の睡眠の中で数回一定のリズムで交互に繰り返されます。ですがこれらの睡眠バランスが正しく機能しないと全身がだるかったり、頭が働かなかったり、いろいろな影響が出てくるのです。

寝るときにクラシックをかける場合の注意点

そんな安眠に効果的なクラシックですが、寝ている間中聴いている必要があるのでしょうか?

結論から言えば答えは「NO」です。音楽をかけっぱなしにしてしまうと、寝ている間も脳の神経が刺激され続けてしまい、かえって睡眠の質を下げてしまうので良くありません。

就寝の1時間ほど前にクラシックを聴いて眠るぐらいが丁度いいでしょう。ポイントは寝ながらではなく、寝る前に聴くということ。リラックスさせて脳と体に眠る準備をさせるのです。

クラシックは過度に脳を刺戟することが少ないことからも、安眠に適していると言われています。ストレスを和らげてぐっすり眠れば、翌朝の目覚めもすっきりしていることでしょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事