立ちっぱなし、座りっぱなしで足がパンパンに!足のむくみ解消法!

立ちっぱなし、座りっぱなしで足がパンパンに!足のむくみ解消法!

みなさん普段どんな仕事をされていますか?立ちっぱなしの仕事や、デスクワークのような座りっぱなしの仕事が多いのではないでしょうか。これらの仕事の人が抱える悩みとして「足のむくみ」が存在しますが、その原因と解消法についてご紹介していきます。

ツラい毎日の足のむくみ。原因はなに?

夕方になると足がパンパン!毎日立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事はツラいですよね。足がむくんでいると1〜3cmもふくらはぎが太くなると言われていますが、このむくみの原因は何でしょうか?

人間の体は約60%が水分でできていると考えれています。足のむくみは、重力によって体のなかの水分が下半身に溜まっていくことで起こる症状なのだとか。

つまり、長時間立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事をしている人は、いつのまにか水分が下半身に溜まりやすいため、足がむくみやすい傾向になるのです。

体の機能として、下半身に溜まった水分はふくらはぎの筋肉によってポンプのように下から上へ押し上げて正常な状態へ戻すのですが、女性はこのポンプの働きが弱いために、水分が足に溜まったままむくんでしまうのだそう。

過剰に水分を摂取したり、尿などとして排出がきちんとできていないと、余分な水分を腎臓が処理できずに、むくみとして出てくると考えられています。

足のむくみ解消には運動とカリウム!

足のむくみを解消するには、前述の筋肉量の関係から、やはりふくらはぎを鍛えて筋肉量をあげると解消につながります。

足を一歩動かしたり、つま先立ちなどでも一時的に少しはむくみを解消させることもできますが、時間が経てばまたむくみが生じます。

となると継続的な運動で、むくみにくい体を作ることが重要ですよね。たとえばウォーキングなどでふくらはぎに刺激を与えると、静脈ポンプの働きが活発になり、むくみにくい体になると言われています。

また体内に溜まった余分な水分は、りんごやバナナなどに含まれる「カリウム」によって排出を促すことができます。運動と組み合わせて摂取するとより効果的にむくみ体質を改善できるでしょう。

立ちっぱなしの人も座りっぱなしの人も、毎日足がむくんでしまうことも多いと思いますので、適度に運動をしてむくみにくい体を作って、根本からむくみを解消させていきましょう!

(※本記事は2018年2月19日に公開したものを再編集しています。)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事