O脚や外反母趾予防に最適! 足指トレーニングのやり方について

O脚や外反母趾予防に最適! 足指トレーニングのやり方について

おしゃれの必需品、ハイヒール。足が細く、美しく見える一方でO脚や外反母趾といったトラブルを引き起こしてしまう可能性も!?そんな時は足指を広げることで骨格〜姿勢が整い、予防・改善に繋がると言われているんです!

足指トレーニングの正しいやり方について

外反母趾の主な原因の一つに、足指が曲がり足の裏の筋肉がうまく使えてないことが挙げられます。足指をしっかり広げることでがっちりと地面をつかむことができ、踏ん張る力が高まるため、外反母趾はもちろん、O脚や骨盤部分の歪みを解消する効果に期待できます。そこで、おすすめの足指トレーニングのやり方についてご紹介したいと思います!

<足指トレーニングの正しいやり方>
1.椅子、もしくは床の上に座り片方の足を太ももの上に乗せましょう。
2.足指の間に手の指を入れ、優しく握ってください。左の足指なら右の手指、右の足指なら左の手指で行います。
3.足指の関節が90度になるくらい甲の方へ反らします。90度に出来たら5秒間キープしましょう。
4.足指を足裏のほうへぐーっと優しく伸ばし、曲がるところまで曲げたら5秒間キープしましょう。
5.1〜4の動作を両足合わせて5分ほど実践してください。

足指トレーニングを続けるだけでも効果的と言われていますが、5本指ソックスや足指パッドなどのアイテムを合わせて使用することでより理想の足に近づきやすくなるでしょう!

足指に悪いNG習慣とは?

足指の変形は遺伝性のものと考えている方も多いようですが、足指が曲がる主な原因は、ずばり毎日の生活習慣にあるそうです。

【柔らかい靴を履いている】
一見、足腰に優しそうに見えるやわらかい靴は、靴の中で足指が前方に滑ったり、かかとがパカパカして安定しないため足指に力が入り、足指の変形を生んでしまうそうです。足指の変形を防ぐには、かかとをしっかりと固定できるひも靴がおすすめです。なかでも伸縮性が低く、ずれにくい純綿タイプのひも靴が良いと言われています。

【胸を張り、大股で歩く】
姿勢がよく見え、海外モデルのように見える大股歩きは、やや猫背気味な日本人の骨格には合っていない歩き方と言われています。一方、小股であれば足指がしっかり伸び、自然と足裏にも筋肉がつきやすくなります。

足指を広げればO脚や外反母趾以外にも、むくみ・肩こり・腰痛など様々なトラブルを解消する効果に期待できます。普段、体に不調を感じている方は、健康対策の一つとしてトライしてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事