【あなたは大丈夫?】控えるべき抜け毛・育毛ケアについて

【あなたは大丈夫?】控えるべき抜け毛・育毛ケアについて

抜け毛を進行させてしまう主な原因として、日常のヘアケアに問題があったり、間違ったお手入れを実践して頭皮にダメージを与えていたりすることが考えられます。健康的な髪の毛を守り抜くために控えるべき育毛ケアについてご紹介します。

【やってはいけないヘアケア】あなたの育毛ケアは大丈夫?

「よかれ」と思ってやっているいつもの育毛ケアがかえって悪い影響を及ぼす可能性も…!?心当たりがある女性は是非チェックしてみてください。

【スーッとする育毛剤を使用】「スーッ」とした刺激的な育毛剤は頭皮の熱が瞬時に奪われるため、毎日のように繰り返し使用していると急激な温度変化から守ろうとする脳の保護システムが働き、頭皮が次第に厚く固くなりやすいため、結果的に抜け毛が増えやすくなると言われています。

【頭皮を叩くようにマッサージ】ブラシなどで頭皮をマッサージをすると毛細血管を含む皮下組織を傷つけてしまうことがあります。

【高周波・低周波を流す】高周波や低周波が流れる機械を頭皮に施すことは、皮下組織の破壊・変質に繋がるため、時間が経つにつれて脱毛を引き起こす可能性があるそうです。

また、意外と見落としがちなのが頭皮の日焼け。頭皮は顔以上に刺激に弱く、日に当たることで抜け毛が増えたり、髪がパサつきやすくなります。日傘・帽子などのアイテムで頭皮を守るよう心がけましょう。

【やってはいけないヘアケア】抜け毛を招くシャンプーのやり方?

育毛ケアの超基本中の基本であるシャンプー。誤ったシャンプーのやり方は様々なトラブルを引き起こすだけでなく、抜け毛の主な原因につながりやすいです。

<抜け毛を招くシャンプーのやり方>
【頭皮を長時間洗う】頭皮をマッサージするように長時間洗ってしまうと、肌荒れ・かゆみのもとになると同時に皮脂分泌が盛んになり、抜け毛が増えてしまうそうです。洗顔をする時と同じように、優しく指の腹で10〜30秒ほどこすれば綺麗に汚れを落とすことが可能と言われています。

【爪を立てて洗う】爪でガリガリと摩擦するように洗うと角質が剥がれ、抜け毛やフケ・かゆみの原因になると言われています。

「早く生えるように!」と刺激的な育毛ケアを実践している方が多いようですが、頭皮と顔は一枚の皮膚で繋がっているからこそ、スキンケアをする感覚と同じように優しくお手入れすることが重要と言われています。この機会に普段の育毛ケアについて一度見直してみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事