美容目的で飲むなら「黒ビール」!期待できる効果と賢い飲み方

美容目的で飲むなら「黒ビール」!期待できる効果と賢い飲み方

「ビールは太ってしまうから…」と普段から避けている女性も多いかと思いますが、実は美容成分が豊富に含まれており、飲み方さえ気をつけていればダイエット効果にも期待できます。なかでも、美容目的で飲むならば黒ビールが良いと言われています。

黒ビールに期待できる美容・健康効果

紀元前3000年頃のエジプトでは、ビールがお薬として利用されていたほか、日本でも明治初期には薬局で売られていたそうです。ビールを飲むことで一体どのような美容・健康効果に期待できるのでしょうか?今回は、「黒ビール」を中心にご紹介していきたいと思います。

【リラックス効果】黒ビールにはほかのビールと比べて芳醇かつ独特な味わいと香りが含まれていることから、副交感神経に働きかけ、リラックス効果をもたらすと言われています。

【ダイエット】ビール酵母に含まれるビタミンB群には糖質をはじめとした栄養分をスムーズに代謝し、エネルギーに変換する働きがあるそうです。

【胃腸を強くする】黒ビールに含まれる苦味成分のホップを摂取することで、消化酵素の分泌が活性化されやすくなります。

【美肌】お肌の健康維持に欠かせないミネラル・ビタミン・ポリフェノールといった美容成分の含有量が普通のビールよりも多いそうです。

<POINT>ビールを購入する際、裏面のラベルをチェックすることをおすすめします。生粋のビールの場合、とうもろこしやでんぷんなどの副材料を使用せず、「麦芽・ホップ」をメインとして作られているそう。本来のビールの味を楽しみたい方は、原材料名の記載が出来るだけ少ないものを選ぶと良いでしょう。

酔いにくいビール(お酒)の飲み方について

楽しく酔うのは飲み会の醍醐味である一方、飲み過ぎは肌荒れの原因にもなりやすいですし、何より翌日に響いてしまうのは出来るだけ避けたいものですよね。肝臓への負担を軽減し、肌荒れや二日酔いを予防するには、前もって飲む準備を整えておくと良いそうです。

【水分を多く摂る】脱水状態になるとアルコールの代謝能力が下がり、酔いやすくなります。二日酔いになりたくない飲み会の日は、朝から適度な水分摂取を心がけましょう。なかでも肝臓の働きを活性化させるマテ茶・そば茶などの飲み物がおすすめです。

【昼食にこだわる】ランチタイムには、タウリンを多く含むイカやアジなどの食材を摂取するようにしましょう。タウリンには胆汁の分泌を促進させる作用があるそう。また、二日酔い予防として有名なオルニチンを含むしじみの味噌汁なども効果的です。

楽しく飲みながら実践できる「ビール美容術」。お酒好きの女性は参考にしてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事