ワキガが30分で治る治療法とは?クリニック選びの注意点について

ワキガが30分で治る治療法とは?クリニック選びの注意点について

制汗剤などのアイテムの持続性は永久的なものではないため、時間が経つにつれて「もしかして臭っているかも」と思わずドキッとしてしまうことがありますよね。より不安がないように暮らすには手術によってにおいの元を取り除くことが重要と言われています。

【ワキガ】短時間で治るおすすめの治療方法

ワキガや多汗症の根本治療には「超音波治療法」がベストと言われています。まず、超音波治療とは一体どのような手術法なのかチェックしていきたいと思います!

<超音波治療とは?特徴について>
超音波治療とは脇の下を数ミリ切開し、超音波の振動エネルギーを利用しながら弾力性のない硬い汗腺類を破壊する手術法と言われています。手術時間も30分と短く、出血もほとんどないため術後もすぐに日常生活を送ることができるそうです。

手術の翌日からすぐに働くことが可能ですが、ゴルフやテニスなど腕を激しく使うスポーツは術後1週間は控えるようにしましょう。また、患部に貼られたガーゼは感染症予防のためのものですので24時間は外さない方が良いそうです。

【ワキガ治療】クリニック選びのコツ・注意点

ワキガ治療を行う上で、具体的にはどのようなクリニックを選べば良いのでしょうか?初めて治療を受ける女性向けにご紹介します。

<クリニック選びのコツ・注意点について>
【患者目線のカウンセリングをしているか?】
まず最初に注目すべきなのは、患者さんの立場になってカウンセリングを行っているかどうかと言われています。ワキガの質によっては、手術を行わずに食事や日常生活の指導のみで治る場合もあるそう。また、患者さんからの質問は一切受け付けていない・手術のキャンセルは出来ないなど問題のあるカウンセリングを続けているクリニックには注意が必要なようです。

【医師との相性の良さ】
腕の良い医師であっても相性が悪いと感じる場合は、良質なコミニュケーションが成立しづらいです。カウンセリングの際、自分にはなんとなく合わないと感じたら別のクリニックでもう一度診てもらうことをおすすめします。

【アフターケアについて】
超音波治療など安全性が高いものでも、万が一に備えたアフターケアが重要になってくると言われています。手術後、もし再発してしまった場合、どのような対処法を行ってくれるのか、カウンセリングの際にきちんと聞いておくようにしましょう。

においが原因でなんとなく自分に自信がもてなかったり、周りとのコミュニケーションを避けている女性もいるのではないでしょうか?ワキガに悩まされている女性は、一度クリニックに足を運ぶことをおすすめします。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事