アイメイクは目の粘膜までしっかり落とそう! 正しいクレンジング法

アイメイクは目の粘膜までしっかり落とそう! 正しいクレンジング法

目の際ぎりぎりにひくアイメイク法の一つ「インサイドライン」。普段から取り入れている女性もいらっしゃるかと思いますが、粘膜部分にラインをひいてしまうとしっかりクレンジングしているつもりでも汚れが残っている可能性があるそうです。

目の粘膜まで綺麗に落ちる!? アイメイクの正しいクレンジング方法

目のトラブル予防に必要不可欠なのは、アイメイクを綺麗に取り除き、目を清潔に保つことであると言われています。目元は顔の中でももっとも皮膚が薄いパーツなので、少しでもメイクが残ったまま寝てしまうと、シワ・たるみの原因になる可能性もあるそう。健康的な目・肌を維持する正しいクレンジング法についてチェックしていきましょう。

<アイメイクの正しいクレンジング法>
1.ポイントリムーバーを上まつげ、下まつげに専用のコームを使って塗っていきます。
2.更に水クレンジングをコットンにたっぷり染み込ませます。
3.目を閉じ、2のコットンをまぶたの上に10秒間のせましょう。
4.力を入れず、スルッと滑らせるようにメイクオフします。
5.きれいな水、もしくは目の洗浄液で汚れが出なくなるまでしっかりパチパチと洗浄しましょう。

このクレンジング法は基本的なやり方ですが、バッチリメイクだとこれだけでは甘い場合があるそうです。最後の仕上げに綿棒で目の上下の粘膜、そして汚れが出やすい目頭の内側も軽くなぞりましょう。時間にして1分もかからないクレンジング法なので習慣化することをおすすめします。なお、もし異常を感じた場合はすぐに使用を中止してください。

クレンジングが面倒な女子必見!おすすめの方法とは?

正しいクレンジング法を知っていたとしても、仕事で疲れている日はどうしてもメイクを落とすのが面倒と感じてしまう方もいることでしょう。そこで大切なのは、少しハードルを下げてあげること。「これだったら出来るかも」とストレスなく続ける工夫を毎日の美容法に取り入れるようにしましょう。

【クレンジングローションを活用】
どうしてもメイクを落とすのが面倒。そんな日はクレンジングローションを活用するようにしましょう。コットンに含ませて拭くだけでクレンジング・洗顔・化粧水まで一気に終わらせることが可能です。出張の多い女性や旅行好きの女性にもぴったりなアイテムの一つです。

【ベッドにクレンジングアイテムを置く】
洗面所までに行く手間が省けるようクレンジングローションとコットンをベッドの近くに置いておきましょう。こうすることでベッドに寝転びながらでも手さえ動かせばさっとメイクを落としやすくなります。

メイクにダイエットにボディケアと女性は何かと忙しいからこそ「なぜ面倒なのか」と一旦考える癖をつけるようにすると良いそうです。アイディア次第で簡単かつ良質な美容方法はたくさんあると言われています。是非ご興味がある女性は参考にしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事