痛いあかぎれ…原因と正しいケア、あかぎれの予防方法とは?

痛いあかぎれ…原因と正しいケア、あかぎれの予防方法とは?

手に亀裂が入り、赤くなったり出血したりする痛いあかぎれ…。あかぎれができると水に触れたりするのも辛いですよね。なぜあかぎれができるのか原因を知り、あかぎれを潤してスムーズにケアする方法やあかぎれを予防する方法をご紹介していきます。

あかぎれができる原因と潤してスムーズに治すケアって?

そもそもあかぎれは、肌に深い亀裂が入って赤みや腫れ、出血を伴う症状のことを指します。あかぎれができると水に触れたりアルコール消毒などをするときに強い刺激を感じてしまいますよね。あかぎれは乾燥が深刻化しやすい冬になりやすいのですが、水仕事をする人や乾燥肌の人は季節を問わずあかぎれができてしまうと言われています。

あかぎれは、肌の皮脂分泌や汗の量が低下して乾燥した状態を放置しておくことや、冷え切って血行が悪くなることなどが大きな原因と言われているため、温めて血流を良くしつつ、手肌をしっかり潤わせてあげることが改善のポイントですよ。

あかぎれ対策はワセリンやグリセリン入りのクリームがおすすめ!

あかぎれには、刺激の強いハンドクリームよりも保湿効果や皮膚を柔らかくする作用のあるワセリンやグリセリンがたっぷり含まれたクリームや軟膏がおすすめです。特に余計なものが入っていない白色ワセリンは、皮膚を外部の刺激から守り、刺激性が少なく、荒れて赤く腫れている状態のあかぎれにも使用することができるそう。水仕事をする前にあらかじめ手全体にワセリンを塗り込んでおくことで水を弾いてくれるのでおすすめですよ。

朝昼晩、乾燥した時などこまめにワセリンやグリセリンが配合されたクリーム、白色ワセリンなどを塗り込み、乾燥させにくい状態にしておくのもポイントです。そして、普段からあかぎれができやすい人は手を冷やさないように気をつけましょう。たっぷり保湿をしたあとに手袋をしたり、お風呂でゆっくり温まって血行を促進してあげてくださいね。

また、食器用洗剤やお風呂洗い用洗剤を素手で使うと肌の潤いが奪われてあかぎれになりやすいため、ハンドクリームやワセリンを塗ってからゴム手袋を装着して直接洗剤に触れることを避けましょう。

辛いあかぎれをケアして潤いに満たされた手肌に

痛くて辛いあかぎれは、血行促進をして肌を冷やさないこと、外部刺激から守ってくれる低刺激のワセリンやグリセリン入りのクリームや白色ワセリンでしっかり保護すること、食器用洗剤やお風呂洗い用洗剤に直接触れないことがポイントです。

肌を乾燥させない状態をキープして、なめらかで潤いに満たされた美しい手を目指してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事