コレクション必須の「マリメッコ×クリニーク」のリップグロス

コレクション必須の「マリメッコ×クリニーク」のリップグロス


【Fromエディターズ】美容業界では、2月下旬から春の新色が続々と登場し始めます。以前は「Spring New color」というと、アイカラーはパステルカラー、リップはピンクが中心でした。でも最近は、各ブランド、アーティストがオリジナリティあふれる色展開、パッケージにも凝ったパターンが多く登場する傾向が強くなっています。特にファッションやライフスタイルブランドとの限定コラボアイテムは、そのブランドの持つ世界観との相乗効果で魅力的に見えるものばかり! 独特な色使いとプリントで人気のデザインハウス「マリメッコ」とのコラボは、ファンのみならず見逃せないラインナップになっています。

まずカラフルでキッチュなデザインに目を奪われ、思わず2、3本の大人買い必須となりそうな3月2日~数量限定発売のリップグロス「クリニーク ポップ スプラッシュ」全20色 各¥3,200。みずみずしい潤いとカラーで唇を彩るグロスは、つけているのを忘れるほどの軽やかな塗り心地。薄くフィットするので色ムラの心配もなく、リップ直しの回数も減るほど。そして気になるマリメッコのデザイン。今回のコラボはすべて、マリメッコの中でも最も優れたデザイナーのひとり、アンリカ・リマラのアーカイブプリントです。写真の上から03、07、09のkukka(flower/花)は1965年のデザインスタイル。遊び心あふれるはじけるような花柄は、使っているだけでウキウキ気分に。

そのほかにも04ラテポップ〈左〉には1967年に発表された「Keidas」。大胆でリズミカルな柄はアンニカが若者文化からインスパイアされたものだそう。〈中〉の13ジューシーアップルはマリメッコのクラシカルなパターンのひとつ、「Pikku Suomu」小さな鱗、〈右〉の11エアーキスはグラフィカルアートの感覚が反映された波「Laine」が。
全部で10種類のアーカイブプリントは、マリメッコのプリントづくりのアートを支える職人技である、複数の色の重なりと、ハッとするほど斬新な色の組み合わせが、リップの色と相まってスペシャルな存在になっているのです。

また少し先になりますが、クッション コンパクト ケース 全5デザイン 各¥1,200(5月11日発売)。「スーパー シティ ブロック BB クッション コンパクト 50」をセットして使っていただきたいのですが、ポップでカラフルなケースは、まさにコレクションものでしょう!!

自分を美しく演出するためのメイク。どうしても効果ばかりを追求しがちですが、もっとメイクを心から楽しむためにも、この春はこんなコラボアイテムを取り入れて、メイク時間を思う存分、遊んでみるつもりです。(GINGER編集部WATANABE)

関連キーワード

関連記事