【特集】専門家に聞く!体のトラブルをセルフお灸で改善〜ボディ編〜

【特集】専門家に聞く!体のトラブルをセルフお灸で改善〜ボディ編〜

2千年以上もの歴史を持つお灸が、美容意識の高い女性の間でにわかに注目を集めています。お灸の基本ステップからツボ探しのコツ、そして体質や悩み別におすすめのツボなど、 はじめての方でも今日から簡単にできる、安全で効果的なお灸を使ったセルフケアをご紹介します。
セルフお灸でキレイvol04

セルフお灸で簡単に叶える!心地良さが巡る体づくり

お灸は女性特有の体の不調はもちろん、美しい体を手に入れるためにも効果的。特にむくみには即効性があり、結果的に女性らしいボディラインへと導いてくれます。

お灸が導く心地いい状態=見た目も美しい状態。夏に向け、今のうちからお灸でボディケアを始めましょう。

【お悩み 1】お腹のくびれがありません…。効果的なお灸のツボは?

いつの頃からか寸胴が定着し、何を着てももっさりとした垢抜けない印象になってしまいます。今年こそ女性らしい締まったウエストを手に入れ、水着にもチャレンジしたいと思うのですが、お灸でくびれは作れるのでしょうか?

【回答 1】体の不要な水分を排出し、むくみを取り除きましょう。

効果的なのは、インナーマッスルを鍛えることですが、むくみを取り除くツボにお灸をすえるのもオススメです。
オススメのツボ:湧泉
足裏にある湧泉は、首の凝りをほぐし、頭の血行を良くするツボ。血行をスムーズに促すことで体の代謝が上がり、むくみを取り除いてくれます。

【ツボの取り方】
足裏の土踏まずのやや上の中央部、足の指を曲げたときにへこんだところ。
オススメのツボ:水道
その名の通り、身体の中の水の巡りをスムーズに促すツボです。子宮にも働きかけるツボなので、月経痛や月経不順にも効果があり、女性には嬉しい効果がたくさんあります。

【ツボの取り方】
おへそから指の幅4本分下がり、そこから両脇に指の幅3本分移動したところ。

【お悩み 2】慢性的な便秘を改善したい! 効果的なお灸のツボは?

週に数回しかお通じがなく、下腹部はいつも重い感じです。便秘が続いて時には肌荒れを起こしてしまうこともあり、長年の大きな悩みとなっています。お灸の力を借りて便秘を解消することはできますか?

【回答2】ストレス緩和と内臓を活性化させることが必要です。

慢性的な場合は、精神的ストレスが引き起こしている場合が多く見受けられます。同時に内臓の働きを活性化するのも重要。二本柱でケアしましょう。
オススメのツボ:神門
神門は精神面をコントロールするツボの大胸郭。心身をリラックスさせる効果のある神門にお灸をすえ、お通じを促しましょう。旅先など、環境が変わると便秘になりやすいという方にもオススメです。

【ツボの取り方】
手のひらを上にし、手首にある横ジワの小指側を撫でていき、骨の出っ張りの手前で指が止まるところ。
オススメのツボ:天枢
胃腸の上に位置するツボで、内臓全般の働きを活性化させる作用があり、便秘のみならず下痢の解消にも効果が期待できます。お灸をすえる時間がない場合は、やさしくツボを押すことが腸のマッサージとなり、症状を緩和させてくれます。

【ツボの取り方】
おへそから真横に指の幅3本分、左右両側。

お灸を味方に自分の心と体の舵取りを

お灸は、女性のさまざまな不調を改善し、健やかな美しさを引き出してくれる心強い味方。日頃からセルフお灸に親しむことで、自分の体と対話する力が養われ、心地いい状態にコントロールできるようになるでしょう。い毎日のケアにぜひ取り入れてみてください。

  Profile
監修/吉澤 明日香先生(さくら治療院)

恵比寿駅から程近い、 働く女性の保健室をコンセプトに掲げた鍼灸治療院「さくら治療院」所属。鍼灸師、JSTA認定スポーツアロマトレーナー、AEAJ認定アロマセラピスト、アロマインストラクター、せんねん灸セルフケアサポーターの資格も持ち、不調・トラブルを抱える女性からの信頼が厚い。

■さくら治療院
TEL:03-6416-1016 
HP:http://sakusakura.com
撮影/よねくらりょう

関連記事