クレンジングウォーターでのメイクオフはコットンの使い方が鍵!

クレンジングウォーターでのメイクオフはコットンの使い方が鍵!

コットンに含ませてスルッとメイクを落とせる便利なクレンジングウォーターですが、顔の隅々までしっかり確実にメイクを落とすには、コットンの使い方がポイントです。クレンジングウォーターでメイクを残さずスッキリさっぱりオフする方法をご紹介します。

頑固なメイクもスルッと落とせるクレンジングウォーターの魅力

クレンジングウォーターは、見た目はさらっとした水でありながらも濃いアイメイクやリップメイクなどのポイントメイク、なかなか落ちないベースメイクをさっと綺麗に落としてくれます。

保湿成分が多く含まれているクレンジングウォーターであれば、化粧水を使って拭き取ったあとのようなしっとり感があり、メイクを落としても肌への潤いを実感することができるでしょう。角質ケアができる成分が含まれているクレンジングウォーターなら、ごわついた古い角質を取り除きながらメイクも落とせてゆで卵のような肌に近づけますよ。また、ダブル洗顔不要のものも多く肌への負担がかかりにくいのも特徴です。

クレンジングウォーターで落とすときはコットンをうまく使おう

クレンジングウォーターは、オイルクレンジングやミルククレンジングなどのように手のひらを使って落とすのではなく、コットンを使って落としていきます。毛羽立ちの多いコットンや硬いコットン、クレンジングウォーターの量が少なすぎると肌への負担がかかってしまうので、コットンをうまく使いながらしっかりメイクを落としていきましょう。

ポイントメイクとベースメイク、それぞれ分けてメイクを落としていくため、コットンは毛羽立ちにくく柔らかいものを2~3枚用意してコットンがひたひたになるくらいクレンジングウォーターを染み込ませておきます。

ベースメイクは、クレンジングウォーターを含ませたコットンを肌にのせて5秒ほど放置してから、中心から外側に向かって優しく滑らせましょう。コットンが裂ける向きで拭き取っていくと肌への引っ掛かりを防ぐことができますよ。

ポイントメイクは、コットンを小さく4つ折りに畳み、まぶたや唇のカーブに沿うように丁寧に落としていきます。折りたたんだコットンの角を使うとまぶたのキワや下まぶたになどの細かい部分も落としやすくなりますよ。

そして仕上げにクレンジングウォーターを含ませた綺麗なコットンを使って顔全体のベースメイクとポイントメイクをもう一度拭き取れば完了です。

クレンジングウォーターでつるんとなめらかなクリアな肌へ

とても便利なクレンジングウォーターですが、適当にコットンに含ませて拭き取るのではなく、コットンをうまく使うことで肌への負担もかかりにくく、細かいパーツもしっかり落とすことができます。自分に合ったクレンジングウォーターとコットンで透明感のあるなめらかな肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事