残業は肌荒れの原因に!生活習慣の乱れでお肌はボロボロに

残業は肌荒れの原因に!生活習慣の乱れでお肌はボロボロに

忙しい時期になると残業が続いてしまうこともありますよね。夜遅くまで働いて、翌朝また出勤。毎日がんばりすぎると生活習慣も乱れてしまい、お肌はボロボロに!残業によるお肌への負担と、肌トラブルを防ぐ対処法をご紹介します。

生活習慣乱れまくり!残業による肌荒れの原因

夜遅くまで働くと、生活リズムを正常に保つのは難しくなります。それは体にさまざまな不調を引き起こします。残業が習慣化してしまっている人は、特に要注意ですよ!

まず残業しているくらいですので、ゆっくり食事をとる時間もあまりないと思います。コンビニのおにぎりや菓子パンを片手に食べながら、パソコンに向かっている人も多いでしょう。もちろんクタクタになって帰ったあとに満足いく食事をとるということも少ないでしょう。

言わずもがな、美肌にはビタミンやミネラルといった成分が欠かせません。簡単に済ませてしまった食事から十分な栄養素を摂取することは難しいので、肌のコンディションはどんどん悪くなっていき、老化も進んでしまいます。

そして朝出勤するときから、夜帰宅するまでメイクしっぱなしなので、長時間、皮膚呼吸を妨げることになり、毛穴にメイクが詰まったりして肌に負担がかかります。

また残業によって睡眠時間も大幅に削られてしまいます。お肌の代謝や成長ホルモンの分泌など、十分で質の高い睡眠をとるのは困難です。朝起きたときの顔を見ればわかりますよね。

残業によるストレスがさらなる肌荒れを引き起こす!

そして残業による肌荒れ最大の原因は「ストレス」でしょう。仕事、人間関係によるストレス、そしてまともにとれない食事と限られた睡眠時間などの生活習慣によるストレス。

一晩のうちに大量のニキビができてしまったときは、衛生面の問題よりもストレスが原因の可能性が高いでしょう。特にアゴや口の周りのニキビはストレスが原因のものが多いようです。

そしてこうした肌荒れがまた、ストレスになるのです。

このような肌トラブルも、仕事が落ち着いて残業が減っていくと自然と治っていくことが多いのですが、残業が続いているうちは、できるだけ朝食に果物を取り入れたり、サプリメントでビタミンを摂取して補うように心がけましょう。

そしてストレスを溜め続けるのはよくありません。休日にはゆっくり入浴したり運動をするなどして、ストレスを溜めない工夫をしていきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事