【悪化が止まらない肌事情】やっぱりジャンクフードは美容の大敵!

【悪化が止まらない肌事情】やっぱりジャンクフードは美容の大敵!

明らかに体に悪そうなジャンクフード。あたりまえのように砂糖や添加物がたくさん使われて、心身の健康はおろか、肌にも悪影響を与えてしまうものばかり。さらに高カロリーなので日常的に食べている人は、もはや美容とは無縁の人なのかもしれません。

たんまりの添加物投入!ジャンクフードでお肌はボロボロ!

ジャンクフードといえばハンバーガーにフライドポテト、さらにピザやフライドチキン、ドーナツやチョコレート、スナック菓子など。種類は違えど、これらは精製された小麦粉、砂糖のほか、人工油脂などをふんだんに使って作られています。

とにかく食品添加物が惜しげもなく使われているジャンクフードですが、なかでもマーガリンなどに使われている人工の「トランス脂肪酸」は悪玉コレステロールを増殖させて心疾患の可能性が高くなります。

美容面から見ても、腸内環境が悪化してしまい便秘になりやすく、老廃物の排出がうまくいかずに、肌荒れなどを引き起こす可能性もあるのだとか!もちろん免疫力も下がるので、風邪を引きやすくなるなどの影響もあります。

ほかにもたくさんの飽和脂肪酸が含まれているジャンクフードは、血中の脂質を増やして中性脂肪を増やしてしまいます。高カロリーなものばかりなので、太りたいわけでもなければ進んで食べることは避けたいものです。

気をつけたいジャンクフードの依存性!

ジャンクフードは、炭水化物と脂質からできているといっても過言ではないくらい、ビタミンやミネラルなどの美容栄養素は含まれていません。肌荒れはもちろん、どんどん疲れやすい体になっていきます。

さらに、砂糖には依存性もあることから、毎日のようにジャンクフードが食べたくなってしまうこともあります。そんな日が続いてしまうと思うと、とても恐ろしいことですよね。

もちろん好きな食ベ物を必要以上に我慢することはありませんが、日常的に食べている人は、できるだけ食べる回数を減らしたりしてみてください。体調やお肌にも変化があると思います。

美容を意識している人は、まず避けておきたいジャンクフード。お肌のためにも、体型維持のためにも食べ過ぎないように注意しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事