朝が辛い女子必見! 朝型人間になるために実践したい4つの方法

朝が辛い女子必見! 朝型人間になるために実践したい4つの方法

朝起きる時のあの辛さをなんとかしたい…と頭を抱えている女性もいるのでは?睡眠不良の状態が続くと、肌荒れ・太りやすい体質になるなど様々なリスクがあると言われていますので美容のためにもできるだけ早いうちに改善していきましょう!

朝型人間になれる!? おすすめの方法 〜食事編〜

朝が辛いと悩んでいる女性向けに、すっきり起きるテクニックをいくつかご紹介します。ちょっとした工夫で、驚くほど効果があるそうですよ!

<食事方法>
【晩御飯にレタス】レタスには眠りを促す作用がある「ラクッシン」「ラクットピコリン」という物質が含まれており、ヨーロッパでは眠れる材料として知られているそうです。夜なかなか寝付けないという方は、晩御飯にレタス入りのサラダを用意するといいでしょう。

【寝室にバナナを用意】朝がつらい原因として低血圧をはじめ、低血糖を引き起こしていることも考えられるそうです。頭をすっきりとさせるには、できるだけ早くエネルギー補給してあげることが大切なポイントと言われています。

少しお行儀が悪いかもしませんが、寝室にバナナを1本用意して起床後すぐに食べられるよう、夜のうちから準備しておくといいでしょう。バナナは食べてすぐにエネルギーになりやすい食材なので、20〜30分後には脳・体も覚醒モードに入っているそうです。

<POINT>
朝起きてすぐはどうしても食欲がないという場合は、ガムを噛むのもおすすめです。ものを噛むことで感覚神経が刺激され、眠気を吹き飛ばしたり心をリラックスさせる効果にも期待できます。

朝型人間になれる!? おすすめの方法 〜生活習慣編〜

続いて、生活習慣に関するおすすめのテクニックについてチェックしていきたいと思います。

【運動を習慣化】朝からジョギングやラジオ体操を行うことで交感神経を活性化させ、肉体を覚醒させる効果に期待できます。そのほか、「起き上がる動機を作る」という精神的な部分にも大きな影響があると言われています。もし朝から運動するのが難しい場合は、ベッドの中でも構わないので背伸びをしたり、手足をグーパーしたりするだけでもすっきりと目覚めやすくなるでしょう。

【カーテンを少し開けておく】ほんの少しでいいので、寝る前にカーテンを開けておくことをおすすめします。私たちの体には体内時計が組み込まれており、太陽の光を浴びることで自然と目覚めの準備を整え始めると言われています。目が覚めてベッドから起き上がったらカーテンを全開にする習慣を癖付けていくようにしましょう。

いかがでしたか?健康に気を使っているつもりでもなかなか朝の目覚めが良くならない!と悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事