【紫外線だけじゃない?】体にシミができる原因・予防法について

【紫外線だけじゃない?】体にシミができる原因・予防法について

年齢と共に増え続ける顔のシミ。なかには顔よりもボディのシミに悩んでいる女性もいるのではないでしょうか?特に普段、日に当たる機会が少ない背中・肩などのパーツにできてしまうと「原因は一体何?」と非常に気になってしまうものですよね。

体にシミができる原因は何?

シミは紫外線と密接な関わりがあると言われています。しかし、不思議なことに太陽が当たらない部分にシミができる方も多いそう。一体どのようなことが原因なのかチェックしていきましょう。

【ストッキング・タイツ】ストッキングやタイツなどの圧迫により、ウエストラインに沿って腰に帯状のシミができることがあるそうです。自宅から帰宅したらできるだけすぐにゆったりとしたルームウェアに着替えることをおすすめします。

【古い皮脂】肌に合わない化粧品を使い続けることもそうですが、古くなった汗や皮脂、ホコリや車の排気ガスなど、肌への刺激になる可能性があるものは全てシミの原因になると言われています。
皮脂は肌にとって最良の天然クリームと言われている一方、時間が経つにつれて酸化するため、長時間放置してしまうと肌に悪い影響を及ぼすそう。背中、お尻など手が届きづらい部位もボディタオルを使って丁寧に洗い、清潔な肌を維持するよう心かげましょう。

体を洗う際、弱アルカリ性の石鹸を使用すると良いそうです。弱アルカリ性の石鹸は洗浄力が高く、一時的につっぱりを感じることがありますが古くなった皮脂を取り去るため、結果的には素肌を活性化することに繋がると言われています。

体のシミを予防する方法とは?

ボディのシミを予防するには、肌への刺激を抑えてコンディションを整えることが大切なポイントですが、良いコンディションを維持するために侮れないのが「乾燥」「肌荒れ」と言われています。

乾燥により肌表面にある角質層が荒れているとその隙間に汚れや皮脂が溜まりやすく、刺激を受けやすいため、結果としてシミができる可能性があるそうです。未然に予防するためにもボディクリームなどのアイテムを活用しながら、保湿ケアを徹底するように心がけましょう。また、入浴剤代わりにオリーブオイルをスプーン一杯分入れるのもおすすめです。

若々しい見た目をキープするべく、自分自身のシミの原因は何か考え、そのパーツにあった適切なケアを行うようにしましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事