現地調達が基本! 私流身軽な旅支度

現地調達が基本! 私流身軽な旅支度


【Fromエディターズ】先日ハワイ出張へ行ってきたのですが、2泊4日という弾丸だったのでスーツケースを持たず、リュックと手提げバッグひとつずつで出発したところ、思いもかけず多くの人にびっくりされました。
普段はあれもこれも持ち歩いてないと不安で、絶対に使わないだろ!と自分につっこまずにいられないほど荷物は多めの私ですが、こと遠出するとなるとすごくシンプルにまとまります。
まず海外渡航=スーツケースという概念はほとんどなく、空港で荷物を待っている時間が好きではないので、機内持ち込み荷物だけですむのであれば絶対にそうしたい派。

Licensed by Getty Images

でも、すべて機内荷物にしようとすると、コスメ系の液体をどうするかが問題になります。これさえクリアできれば、短期間の旅は機内持ち込み荷物だけで行くというのが私のこだわり。
シャンプーなどの消耗品については、行ったことのある土地であればだいたいどんなものが売っているかわかるので目当てを考えながら渡航(いいものが安く購入できる場合も多い)。行ったことのない国のときは、小さくまとまる試供品をここぞとばかりに持っていきつつ、現地でよさそうなものを物色します。これが楽しみのひとつでもあるのです! あとは行く国によりますが、お土産で頼まれることの多いコスメはみんなが欲しがっているものを試したい精神で自分用にも購入し、それを現地で使ってしまうことも多いです。

お土産で頼まれて自分用にも買ったものの一部

あ、機内荷物だけで済ませるのは往路の話です。復路は現地調達したものがあるので、液体も何もかもコンパクトにはまとめられません。機内荷物だけというのは最初から諦め、預け荷物にできるパッカブルボストンバッグを必ず持って行きます(壊れやすいものを入れられないのがネックではあるのですが)。帰国時こそ、空港でバッグが出てこないストレスは大きいのですが、あとは帰るだけ。戦利品のためにそこはぐっと我慢して現実に引き戻されてゆくのです・・・。(GINGERweb編集部 HONDA)

関連キーワード

関連記事