唇に負担をかけずにリップティントをオフするクレンジング方法

唇に負担をかけずにリップティントをオフするクレンジング方法

飲んだり食べたりしても落ちにくく、綺麗な発色が続くリップティントですが、その分クレンジングが大変…。しっかりクレンジングできていないと、唇が荒れたり色素が沈着してしまう可能性があるため、唇に負担をかけずに優しく落としていくことが大切です。

落ちにくく発色をキープできるリップティントだけど、落とすのが一苦労

リップティントは、唇の角質層にリップの色を染み込ませて色を定着させるため、飲んだり食べたりしても落ちにくいと言われています。一方で、唇の角質層まで色が付いているので一般的なリップよりも落としにくく、無理矢理クレンジングで落とすと皮向けや唇の荒れなどにつながってしまう場合も。

リップティントを優しく確実に落とすクレンジングとは?

落ちにくいリップティントは、クレンジング料を唇にしっかり浸透させて優しく落とすことがポイントです。顔全体に使うミルククレンジングやオイルクレンジングよりも、濃いアイメイクやリップメイクをスルッと落とせるポイントリムーバーを使うといいでしょう。

リップティントをつけた唇をティッシュで押さえて表面の色を取り、電子レンジで温めたホットタオルを唇に当てて温めておくとスムーズに落とすことができますよ。コットンにたっぷりポイントリムーバーを含ませて、唇に3〜5秒置いたあと力を入れないように優しく内側から外側に向かって拭き取っていきます。唇の輪郭はポイントリムーバーを染み込ませた綿棒でなぞるように落としていくといいでしょう。

唇はとても薄くてデリケートなので、リップティントをつけて1日過ごしてからクレンジングを終えると、唇にかなりの負担がかかった状態になっています。はちみつやワセリンをたっぷり塗り込んでラップでパックをしたあと、指の腹でくるくるとマッサージして血流を良くしてあげてくださいね。唇のコンディションを日頃から整えておくことで、リップティントをより綺麗に塗ることができますよ。

落ちにくいリップティントをきちんと落としてなめらかな唇へ

リップティントは落ちにくくメイク直しの必要がないので便利ですが、しっかりクレンジングができていないとデリケートな唇が荒れやすくなってしまいます。温めてポイントリムーバーで丁寧に落とし、アフターケアを行ってなめらかな唇を手に入れてみてくださいね。


 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事