春目前! そろそろ痩せたいアラサー女子のリアルな“冬太り解消法”とは?

春目前! そろそろ痩せたいアラサー女子のリアルな“冬太り解消法”とは?

GINGER読者サポーター9000人へのアンケート調査により、普段は面と向かって話せないあんなことやこんなことを明らかにしていくGINGER本誌...

GINGER読者サポーター9000人へのアンケート調査により、普段は面と向かって話せないあんなことやこんなことを明らかにしていくGINGER本誌の連載「セキララボイス」。肌見せの季節がもうすぐそこまで迫ってきている今月は、読者の皆さんの“冬太り解消法”について調査しました。

Q. 一番太りがちな季節といえば?

太りやすい季節は・・・?と聞いてみると、やはり圧倒的に多いのが「冬」という意見。その理由を見てみましょう。

「冬はイベントが多すぎます! クリスマスに年末年始に・・・食べずにはいられません。毎年お正月明けに後悔することに」(33歳・IT)

「年末年始に実家に帰ると、両親にたらふく食べさせられます。ありがたいけど、娘をそんなに太らせないで(泣)」(28歳・小売)

「冬は手足が冷えて、むくみやすい気がします。もともと事務職で座りっぱなしなのでむくみがちですが、冬は特に」(32歳・教育)

「寒くて動きたくなくて、休日はソファから手が届く範囲にお菓子やジュースを置いて過ごします。太らないわけがない」(32歳・PR)

Q2. 今までで一番効果があったダイエット法は?

Licensed by Getty Images

アンケートの結果から、多くの人が「太りやすい」と感じている背景には、イベントや服装など、冬は何かと言い訳が多く見つかる季節であるということが垣間見えますね。でも今は、そんな冬も終わりに近づいて、そろそろ春夏に向けて本気を出したい時季。そこで皆さんが今までに経験したなかで、とくに効果のあったダイエット法について聞いてみました。

「ホットヨガが効果絶大! いろいろ試しましたが、一番です。体重が減るというより、体型が変わります。発汗作用があるので、お肌もつるつるに」(29歳・メーカー)

「病院で処方してもらう食欲抑制剤を使いながら、毎日半身浴をしてデトックス。これが一番効きました。やっぱり専門家の力は偉大」(33歳・金融)

「頭を使うとカロリーを消費するらしく、資格の勉強をしている時期は食べ物を制限しなくても痩せられます。名づけて“勉強ダイエット”(笑)。食べるときによく噛むことも大事です」(28歳・医療)

「食べ物は“ 量より質” で。コンビニ弁当やスイーツをやめて、デパ地下のものにしたところ、お値段が張るので大事にゆっくり味わうようになり、食べる量や回数が減りました」(33歳・メーカー)

「学生時代に部活で週4日泳いでいたら、何をいつ食べても太りませんでした。水泳って本当に効果抜群です。今はその時間がないけど、筋肉をつけて代謝を上げるのが一番なのだと思っています」(32歳・医療)

「シンプルなライフスタイルという考え方は、ダイエットにも直結する気が。食事を淡白な味付けにしたり、乗り物を使わずにとことん散歩したり、何事もシンプルが一番!」(32歳・小売)

Q3. ダイエットの失敗談を教えて!

Licensed by Getty Images

努力次第でいくらでも方法がある一方で、ダイエットには失敗もつきもの。反面教師に・・・ということで、皆さんの失敗談も見ておきましょう。

「とにかくほぼ朝ごはんしか食べないということを学生時代にしていました。さすがに体重は落ちましたが、生理が半年ほどとまるなど、体調が崩れました」(33歳・広告)

「流行に乗ると続かないと思います。ただ流行っているからという理由でやってみたダイエットは絶対に上手くいきません。バナナ、納豆など、どれもダメでした」(28歳・通信)

「我流の運動は逆効果! ひとりでランニングを続けていたら、ふくらはぎが太くなった気がします。脂肪が燃えるより先に筋肉がついてしまったみたい…」(27歳・IT)

「夜に炭水化物を抜いていたら、エネルギー不足でなんだかけだるい日が続き、生活の質が落ちました。バランスよく食べるのが一番」(30歳・教育)

「痩せると話題の高級エステに通ってみましたが、結局その場の効果に甘えて、食生活の改善や、運動不足の解消があと回しに。お金で解決はできませんね」(31歳・販売)

「食事制限でなんとか3kg痩せたと思ったのに、目標に達したとたんに食欲がとまらなくなってリバウンド。結局5kg太りました。無理するのはよくないですね」(28歳・自営業)

一年を通して美容と健康に気を配れたら、もちろんそれがベスト。でも今回のアンケートで、冬は誰しも飲食を伴うイベントが多く、運動も滞りがちということがわかりました。ダイエットを意識するあまり、せっかくの機会を楽しめないのは損だから、多少は自分を許して、そのぶん春から努力を! 皆さんの声を参考に、無理なく健康に、理想のボディを目指してくださいね。

関連キーワード

関連記事