彼の二股が発覚! 最後に選ばれる女性になるためのテクニック

彼の二股が発覚! 最後に選ばれる女性になるためのテクニック

付き合っている彼の浮気が発覚したとき……自分が先に付き合っていたからといって決して安心はできません。二股状態になってしまったときは、彼を追い詰め過ぎると本命のはずだった自分が振られてしまう可能性も。最後に選ばれる女性になるためのテクニックを元女探偵が伝授します。

 はっきり選べない状態の男の心理とは?

「浮気相手とは別れる」と宣言したものの、ちっとも別れる気配がない。浮気相手に言い出せなくて結局ズルズル関係が続いている。そんな状態が続けば、ついイライラして彼にキツく当たってしまうかもしれません。この時の彼は、悪いことをしてしまったという意識はありますが、どうしていいか分からなくて何もできずに立ち止まってしまっている状況です。

彼を追い詰めるのはNG!

優柔不断な彼は、優しくてNOと言えないのが長所でもありませんか? 彼に会うたびに「どうなってるの?」と聞いて追い詰めてしまっては、彼は逃げ場がなくなってしまいます。

しかし、追い詰めてくる彼女が怖いからとにかくそこから逃げたいという心理になってしまうのです。その結果、何もしないで待っていた浮気相手に奪われてしまうという可能性も。早く浮気相手と別れさせたい! という気持ちはいったん彼の前では出さないようにしましょう。

怒るのではなく2人の未来について話す

浮気された女性にありがちなのが「なんで浮気したの?」と理由にこだわって過去の行為をしつこく責めてしまうこと。ところが、過ぎたことを掘り出されても過去は変えられません。

それよりも、“2人の未来”はどうしたいのか? について話し合えば彼だって「この先彼女を悲しませないためにはどうしたら良いのか」という具体的な提案を考えることもできます。

自分の意見を先に伝える

2人の今後について話すとき、彼がどう思っているかを聞くことも大事ですが絶対に別れたくないと思っているのであればその気持を正直にまず話しましょう。

浮気をした側は、自分は別れたくないと思っていてもそれを主張できる権利はないと考えています。そのため「どうしたいの?」と聞かれても「何を言っても怒られそうなのでとりあえず黙っておこう」という後ろ向きな展開になりがちです。

男性は目標がはっきり見えているほうが動きやすい生き物なので、先に彼女の方から「私は別れたくない」と気持ちを伝えてあげれば、彼もその気持ちに応えて浮気相手との関係を精算してやり直す努力することに意識が向きます。

「いざとなったら自分から別れる」という強気な態度を忘れない

“どうしても彼を失いたくない”という気持ちが強すぎると、浮気をした彼に対して強気な態度に出ることができなくなります。もちろん、上から目線で偉そうに彼の行為を責めるのはNGですが、「この子は何をしても別れない」とナメられてしまってはいけません。それでは浮気相手ともそのまま別れずにうまくキープしておこう……と考えてしまうかもしれないからです。

男性はどうしても狩猟本能が強いので、すがってくる女性よりも追いかけたくなる女性に惹かれる傾向があります。「別れても私はもっといい男を見つけられるし、どちらでも良い」というくらいの考え方でいたほうが、彼も惚れ直してくれるはず。

浮気を乗り越えて関係を再構築するのは簡単ではありませんが、ネガティブな気持ちになりすぎないことが大事です。“男は彼だけじゃない”そのくらいの堂々とした態度で臨みましょう。

関連キーワード

関連記事