紫外線対策は今から始める!春の肌はシミやシワができやすい⁉︎

紫外線対策は今から始める!春の肌はシミやシワができやすい⁉︎

紫外線対策はまだ先で良いと思っていませんか?実は紫外線は春から徐々に強くなっていくのだとか。春は一番肌が無防備な状態で紫外線の影響も受けやすく、対策を行っていないと後々シミやシワなどになることもあるそうですよ。

紫外線対策を春から始めた方がいい理由

日焼け止めは落ちにくいし、夏から塗ればいいかなと思いがちですが、紫外線は春から徐々に強くなっていきます。

紫外線にはUVAとUVBという2つの種類があります。
○UVA
全紫外線量の95%をしめるUVA。浴びると20〜30%ほどのUVAが真皮層にまで達すると言われている。コラーゲンを生成する細胞を壊し、メラニン色素を増やすことがあるためシミやシワ、たるみの原因となると考えられている。4〜8月がピーク。
○UVB
全紫外線量の5%をしめるUVB。肌の表面で吸収されるが、UVAよりも強いエネルギーをもつため、浴びると肌が赤く焼けたり、メラニン色素が沈着し日焼けやシミの原因になると考えられている。4月から徐々に増え始め、5〜8月がピーク。

どちらもシミの原因になるということですが、「4月から」紫外線は増え始めるということなので、今から対策をした方が良いですね。

春の肌は紫外線の影響を受けやすい?

冬は紫外線のダメージが小さいため、春は一年で一番肌が白い状態といえます。この白い状態だからこそ、紫外線の影響を受けやすいということになります。

シミやシワの原因となるメラニン色素は紫外線から守るために生成されるものなので、春は一番メラニンが少ない状態です。シミやシワの原因であるメラニンが少ないのは良いことに思えますが、そのメラニンが肌を守ってくれない状態だと紫外線をダイレクトに浴びてしまいます。

せっかく肌が白くてメラニンが少ない状態なら、しっかりと紫外線対策をしてその状態をキープしたいですね。
とはいえ、海に行くときのような強い日焼け止めを日常的に使うのはオススメできません。春の日焼け止めはSPF25〜30のPA+++くらいのものをこまめに塗りましょう。日傘を使う場合は内側が黒いものを使うと地面からの照り返しによる日焼けが防げます。

今まで夏だけ紫外線対策を行っていたという方はぜひ今から始めてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事