くすんだ肌もぱっと明るい肌になれる、メイク前の簡単スキンケア

くすんだ肌もぱっと明るい肌になれる、メイク前の簡単スキンケア

いつものメイクをしているのに、今日は肌がくすんでる…メイクノリが悪いかも…と思ったことはありませんか?忙しくてもできる簡単ケアをいつものスキンケアにプラスするだけで、見違えるほどぱっと明るい肌に近づけますよ。

いつものスキンケアとメイクをしているのに顔色が冴えない…

普段通りのスキンケアとベースメイクをしているにも関わらず、ファンデーションのノリが悪かったり、顔色がどんよりくすんでいて冴えない…という方は、メイク前のスキンケアをもう一度見直してみるといいかもしれません。

メイク前の下準備となるスキンケアを適当に済ませていると、ノリが悪く崩れやすくなってしまいます。忙しい朝でもささっとできる簡単ケアをプラスして明るい肌を手に入れましょう。

メイク前にさっとできるプラスαの簡単スキンケア

まず、朝起きてから顔がベタついていれば洗顔料を使った洗顔を、カサついていたらぬるま湯での洗顔をしていきましょう。そして、電子レンジで温めたホットタオルを顔全体に覆い、2〜3分放置して血行を促進させます。ホットタオルを当てるだけで毛穴が開いて化粧水などの浸透力もアップする上に、冷えなどで滞りがちな血行が良くなり、顔色がだんだん明るくなってくるはずですよ。

そして化粧水で肌に潤いを与えて、美容液と乳液をつけたあと、マッサージをするのがポイントです。ホットタオルで温めて保湿ケアをしっかり行ったあとにマッサージをしていくことでむくみや血色の悪さが改善されていきます。

必ず乳液やクリーム、オイルで滑りを良くした状態でマッサージをしてくださいね。やり方はとても簡単!まず、手のひら全体を顔の中央からフェイスラインに向かってスライドさせていき、顎下から耳の後ろまでリフトアップさせるイメージで持ち上げるように流していきましょう。

3〜5回ほど繰り返したら、最後に耳の下から鎖骨に向かってリンパを流せば完了です。忙しくても1分ほどあればすぐにできるので、毎日の習慣にしてみることをおすすめします。滑りを良くするために使ったクリームやオイルは軽くティッシュで押さえたり、清潔なスポンジで均等に馴染ませてから、化粧下地や日焼け止めを塗ってベースメイクに取り掛かりましょう。

念入りなケア次第でベースメイクの仕上がりが変わる!

ファンデーションのノリをアップさせるには、徹底的な保湿ケア、くすみや顔色の悪さを改善させるには、温めてからマッサージケアをするのがコツ。メイクをする前に行うのと行わないのでは仕上がりが変わってくるのでトライしてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事