食べ物でバストアップができるって本当?ハリのある胸は食事から!

食べ物でバストアップができるって本当?ハリのある胸は食事から!

大きさや形、弾力など、バストにお悩みの方は多いと思います。マッサージや筋トレ、矯正下着など、バストアップにはさまざまな方法がありますが、もっと手軽にできる対策はないのでしょうか?なんと実は食事でバストアップが期待できる方法があるのです!

バストアップと女性ホルモン

本人でバストに自信がある人は少ないと思いますが、かといって豊胸手術まではちょっと、というのが現実ですよね。

バストは女性の象徴のひとつですから、女性ホルモンが大きく関係することは想像に難しくないですが、バストはそのほとんどが脂肪です。張り巡らされた乳腺の周りに脂肪がついていて、この脂肪の量がバストの大きさにつながります。

では単純に、脂肪を増やす食べ物を食べればよいかと聞かれると、やはり体のほかの部分にまで脂肪がついてしまう恐れがあるので難しいでしょう。

バストの脂肪だけを増やすには、女性ホルモンのエストロゲンが大きく影響します。このエストロゲンの働きで、乳腺が発達すると周りの脂肪の量も増えるのだそうです!

女性ホルモンの分泌をコントロールすることはできませんので、エストロゲンの働きに近い「イソフラボン」を用いて乳腺の発達を促します。

バストアップに効果的な食べ物とは?

では具体的にどんな食べ物がバストアップに効果的なのか、見ていきましょう。

兎にも角にもイソフラボンが含まれる食材がないと始まりません。イソフラボンは大豆製品などに含まれているので、豆腐や納豆などがおすすめです。バストは寝ている間に作られますので、夕食のメニューに取り入れると効果的でしょう。

ただしホルモンバランスが乱れたり、生理周期が乱れる可能性があるので、過剰摂取には注意してください。

また、骨や皮膚、筋肉を作るタンパク質は女性ホルモンの分泌を助ける働きがありますので、肉や魚なども積極的に摂取するとよいでしょう。

また、エストロゲンを増やす効果があるといわれている「ボロン」という栄養素を含むキャベツを食べるのもおすすめです。なかなか直接働きかける食材は少ないので、意識して食べたいですね。

普段の食生活でバストアップができるなら、続けられそうですよね!キレイでハリのある胸を手に入れましょう!

関連記事