腰痛の原因はその座り方だった!腰への負担を減らす正しい姿勢とは?

腰痛の原因はその座り方だった!腰への負担を減らす正しい姿勢とは?

デスクワークが多い今の時代、腰痛に悩む人はたくさんいます。いろいろと対策はしているものの、あまり改善できないのが腰痛の悩ましいところでもあります。なかなか治らないという人は、そもそもの姿勢に原因があるかもしれません。詳しく見ていきましょう。

慢性的な腰痛は姿勢が原因?

腰痛はさまざまなシチュエーションで症状が現れます。ベッドから起き上がるとき、靴下を履くとき、重い荷物を持つときなど、腰に負荷がかかるときに痛みが生じるものですが、怪我をしたわけでもないのに慢性的に痛みを感じる場合は、普段の「姿勢」が腰痛の引き金になっているケースがあります。

たとえば猫背の姿勢を思い浮かべてみてください。頭や肩が前に出て背中が丸まっている姿勢は、重心が前にかかりすぎるので、首や背骨で重心を支えるために腰にかかる負担が大きくなります。

ほかにも腰が反っている姿勢も腰への負担は大きいです、程よくS字のカーブを描いた背骨に比べて、不自然なカーブの姿勢は要注意です。また、下腹部が前に出ている姿勢も危険です。重心が後ろにかかるため、腰だけでなく、ヒザにまで負担がかかる姿勢です。

こんな姿勢は要注意!正しい姿勢で腰への負担を減らそう!

長年体に染み付いてしまった姿勢は、そう簡単には改善できません。長い時間をかけてじっくりと改善していく必要があります。デスクワークが中心の人は、座る姿勢を改善していきましょう。

パソコンの画面を見ていると次第に背中が丸くなってしまいがちです。顎を引いて背筋を伸ばすように意識しましょう。頬杖をついた姿勢も、背骨が歪んだ状態になりますので、注意したいところです。

またやってしまいがちなのが、脚を組んで座ること。重心が偏るため片方の筋肉に負担がかかって腰痛につながります。両足の裏はしっかりと床につくようにすると重心のバランスが均等になりやすいです。

椅子に浅く座っている人は姿勢が崩れやすいので、深く座って背もたれに背中をつけて背骨がまっすぐになるように座りましょう。

もちろん座りっぱなしは筋肉が硬くなって腰痛の原因になりますので、ときどき簡単なストレッチで体を伸ばしたり、少し歩いたりして体を動かすように心がけましょう。

姿勢は習慣で染み付いてしまうので、なかなか腰痛が治らない!という人は普段の姿勢をちょっと意識してみてください。そして、できるだけ毎日続けて改善していきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事