根深いシミの悩みをついに解決!【最新の美白メカニズムとは?】

根深いシミの悩みをついに解決!【最新の美白メカニズムとは?】

新たなシミのメカニズムも解明されつつあり、2018年はいよいよ美白新時代へ。あなたの肌を今よりもっとキレイにする、その美白メカニズムとは?ビューティサイエンティストの岡部美代治さんに最新の美白を解説してもらった。

ただ白さを求める時代は終わり、その先の美肌へ!

「ただ肌が白くなればいいという時代は終わり、いかに肌を美しく見せられるかが今の美白ケアの目指すところ。過剰なメラニンを抑えて均一な肌トーンに整えていくのが、美白化粧品でできる解決策。さらに今年は、メラニンの暴走にアタックするだけでなく、定着するシミの仕組みが解明されつつあり、より美白ケアが効く方向に」(ビューティサイエンティスト 岡部美代治さん)
今まで美白ケアに手ごたえを感じられなかった人は、定着するシミにアプローチする美白ケアを本命に。

また、美白ケアとエイジングケアが同時に叶うのも、今年の美白のトレンド。「シワ改善と美白、ダブルの効能を備えたのは画期的! シミとシワの共通要因である、慢性炎症に加え、糖化やカルボニル化などにアプローチする、マルチな美白ケアも。シミに絶大な効果を発揮する、レーザー治療のメカニズムを応用した化粧品も注目です」(岡部美代治さん)
そして、使い心地が抜群によくなったのが今年の美白。「これは、化粧品のベースとなるオイルの進化。美白有効成分を安定して配合することができるようになり、テクスチャーが格段にアップしています。ストレスとシミの関係もようやく解明されつつある今、つけ心地のよさも美白ケアには大切」(岡部美代治さん)美白ケアは、継続してこそ効果を発揮するから、まずは一本使ってみるのがひとつの目安。均一なトーンに整えば、シミやソバカスも目立たなくなる。その肌改善効果を見逃さないで!

今年の美白はよりパワフルに! 最新美白メカニズム

美白の仕組みは、刺激や炎症を防いでメラニン合成の指令をブロック(Ⓑ)、メラニンの発生を防ぐ(Ⓕ)、メラニンが表皮細胞に受け渡されるのを阻害(Ⓔ)、メラニンの還元&分解を促す(Ⓓ)、メラニンを含む角層の排出を促進(Ⓒ)すること。肌色に関しては、角層を潤して透明感(Ⓐ)を与え、糖化やカルボニル化を抑制して黄ぐすみを防ぐ(Ⓘ)のも有効。
今季は、シミ部位では異常な毛細血管が増加(Ⓗ)し、メラノサイト刺激因子が放出(Ⓖ)されてメラニン生成を活性化するという、シミ定着の新たなメカニズムが明らかに。これは根深いシミの悩みに朗報!?

お話を伺ったのは……

ビューティサイエンティスト 岡部美代治さん
化粧品メーカーの研究、開発、マーケティングを経て独立。その経験から新たな処方や化粧品のアプローチ方法などを鋭い切り口で解説。今年の美白&UVについても切り込む!

撮影/向山裕信(vale. /人物)、高橋一輝(静物) ヘアメイク/ AYA(LA DONNA) スタイリング/坂下シホ モデル/比留川游 イラスト/尾代ゆうこ 取材・文・構成/寺田奈巳

関連キーワード

関連記事