生理中の辛いナプキンかぶれ!おすすめの対処方法についてご紹介

生理中の辛いナプキンかぶれ!おすすめの対処方法についてご紹介

生理中の女性が一度は体験したことがあると言われているナプキンかぶれ。生理だから仕方ない…と諦めてはいませんか?しかし、放置しておくと思わぬ病気にかかってしまう可能性も!オススメの対処法についてチェックしていきたいと思います。

【生理中のナプキンかぶれ】おすすめの対処方法〜1.ワセリンによるケア〜

春になり、暖かくなると下着の中が蒸れやすくなるため生理用ナプキンにかぶれ、辛い思いをする女性が増える傾向にあると言われています。かぶれやすい方はワセリンなどのアイテムを使ってデリケートゾーンを保護するようにしましょう。

<おすすめの対処方法〜1.ワセリンによるケア〜>
ワセリンとは石油を原料とした油分を豊富に含むゼリー状の物質。デリケートゾーンに塗ることで皮膚に油の膜を作り、経血による刺激から肌を保護してくれるそうです。また、トイレットペーパーやウォシュレットで古い汚れを取り除く時も事前にワセリンを塗っておくと簡単に落としやすくなります。

【ワセリンの選び方】
ワセリンにも色々な種類がありますが、出来れば白色のワセリンを選ぶようにしましょう。黄色のワセリンよりも白色の方が純度が高く、デリケートゾーンにも安心して使用できるそうです。

【生理中のナプキンかぶれ】おすすめの対処方法〜2.生理用品を変える〜

生理用品によるデリケートゾーンのかぶれを抑えるには細菌を繁殖させないようにすることが大切なポイントと言われています。

<おすすめの対処方法〜2.生理用品を変える〜>
症状がひどい場合はナプキンをやめて、タンポンを使用するとかぶれが治りやすくなります。また、肌に優しいコットン素材を使った布ナプキンもおすすめ!水分をしっかり吸収し、湿気を逃がしてくれるため蒸れにくいと言われています。そのほか、入浴時はデリケートゾーン用の石鹸を使って表面を洗い流しましょう。この時粘膜部分を過度に洗いすぎるとバリア機能が落ち、かぶれがより悪化する可能性があるので注意しましょう。

こちらではナプキンかぶれに最適な対処方法についてピックアップさせて頂きました!万が一「セルフケアだけではなかなか治らない」、「真っ赤に腫れている」などの症状がある場合は、お近くの婦人科に足を運ぶことをおすすめします。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事