年齢を左右する!? まぶたのたるみを改善するフェイスケアって?

年齢を左右する!? まぶたのたるみを改善するフェイスケアって?

以前と比べると目が少し小さくなった、ぱっちり二重だったのまぶたが奥二重になってきた…など、まぶたに変化を感じている方は、たるみが原因かもしれません。フェイスケアでまぶたのたるみの解消して、すっきりとした目元を取り戻しましょう!

まぶたのたるみの大きな原因は、筋肉の衰え

まぶたがたるむのは、加齢によりまぶたを支えている筋肉がだんだん衰えて弾力が失われていくことが大きな原因だと言われています。そのほかにも、乾燥や目の疲労、負担をかけるスキンケアなど、様々な原因によるまぶたの皮膚の衰えも、たるみに繋がることがあります。では、一体どのようなフェイスケアをすれば、まぶたのたるみを改善できるのでしょうか…!?

まぶたのたるみを改善して、すっきり目になる方法

まぶたの筋肉が使われなくなると、その筋肉はだんだん衰えてしまいます。身体の筋肉トレーニングと同じように、まぶたの筋肉も簡単なエクササイズで鍛えることで、まぶたのたるみを軽減していくことができます。また、日々の生活の中でできるケアなどもご紹介いたします。

【まぶたのエクササイズ】
このエクササイズはとても簡単です!まず、目を閉じた状態で手のひらを横にして額に当てて、眉毛を動かさないように、目を思い切り大きく見開きます。眉毛を動かさない状態のまま、しっかり目を開き、5〜10秒ほどキープすることを3セットほど行いましょう。最初は難しく感じますが、慣れてくれば大丈夫。継続してエクササイズを続けてみてくださいね。

【まぶたのスキンケア】
こちらも、欠かせません。ホットタオルや温かいアイマスクを目元に当てて、血流を良くしてから、化粧水を含ませたコットンパックをして、潤いを与えます。それから、ハリや弾力を与えてくれる目元用の美容液を優しく馴染ませてあげましょう。

【まぶたのクレンジング】
アイメイクを落とす際には、クレンジングを使ってゴシゴシ擦るのはNG。アイメイクをスルッと落とせるポイントリムーバーを使って、優しく落としていくことが大切です。目元の乾燥を進行させないためにも、日焼け止めやサングラスをかけて、紫外線対策も心がけてくださいね。

【まぶたを休める】
毎日、パソコンやスマートフォンなどで、目を酷使している方は、休憩をしっかり挟みましょう。目が疲れている場合は、ホットタオルを乗せて温めてあげると疲れを軽減できますよ。

毎日の生活の一工夫で、まぶたのたるみ知らずに!

まぶたのたるみの改善や予防には、毎日のエクササイズやスキンケア、クレンジングや紫外線対策、目を休めながら、酷使しないように意識することがポイントです。たるみ知らずの、すっきり目をキープするためにも、できることから始めてみてくださいね。


 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事