ごわつき肌を改善する毎日の生活習慣で、つるつるたまご肌へ

ごわつき肌を改善する毎日の生活習慣で、つるつるたまご肌へ

肌に触れるとごわつきやざらつきが気になる場合、化粧水をつけても角質層まで浸透しにくく潤いを保つことが難しいと言われています。スキンケアと生活習慣でごわつき肌を解消してつるつるのたまご肌を目指してみませんか?

肌のごわつきが気になる原因とケアの基本

肌の新陳代謝が低下して剥がれ落ちるはずの古い角質が肌の表面に蓄積されることが肌のごわつきの原因だと言われています。

肌に古い角質が溜まったままだと、スキンケアをしても美容成分や保湿成分が浸透しにくくなってしまうため、 硬くなった角質を丁寧にお手入れしてターンオーバーを促してあげましょう。 

また、スキンケアだけではなく睡眠不足や栄養不足もごわつき肌の原因のひとつ。インナーケアも重視して肌の土台を整えることがポイントですよ。

ごわつき肌をなめらかにするスキンケアとインナーケア

ごわつき肌をなめらかな状態にするには、ピーリング効果のある酵素洗顔などを使って優しく角質ケアをしていきましょう。酵素洗顔を使って肌のごわつきが気になる部分だけ洗っていきます。ごわつきがない部分は酵素洗顔を使うと乾燥を招く場合があるのでぬるま湯で洗うことをおすすめします。酵素洗顔を使った角質ケアは1〜2週間に1回程度がベストです。

角質ケアのあとはすぐに保湿を。化粧水やシートマスクで水分補給をしたら普段通り乳液やクリームで肌の水分と油分のバランスを整えてあげてくださいね。


また、寒い季節は外の風などにより肌が硬くごわつきがち。ゆっくりお風呂に浸かって汗をかくことで、古くなった角質が柔らかくなり剥がれ落ちやすくなりますよ。クレンジング前やスキンケアの前にスチーマーやホットタオルで温めてあげることも効果的です。肌を温めると代謝が上がり、肌が柔らかくなるためスキンケアの効果も高まります。

そしてインナーケア。タンパク質やビタミンC、ビタミンEやミネラルなどの栄養素は乱れた肌のターンオーバーを整えてくれると言われています。栄養バランスを考えた食生活を心がけることで肌のごわつきが次第に気にならなくなっていくはずですよ。食生活のほかにもたっぷりの質の良い睡眠を取ることも欠かせません。寝る前はできるだけリラックスをして、6〜7時間を目安に睡眠を取るといいですね。

スキンケアとインナーケアのダブルアプローチでごわつき肌を解消!

肌のごわつきは、角質ケアだけで済むと思っていた方は食生活や睡眠時間を見直してインナーケアにも力を入れていくことでよりなめらかな肌に近づけるはず。スキンケアとインナーケアを重視して、ごわつきのないなめらかな肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事