【季節の変わり目に効くスキンケア】春保湿で美肌をめざす

【季節の変わり目に効くスキンケア】春保湿で美肌をめざす

いつもと同じお手入れをしていても、季節や生活習慣の乱れなど、ふとしたことで肌状態が不安定になってしまう。そんな“ときどきゆらぎ肌”に必要なスキンケアを、美容家の山本未奈子さんが指南!

季節の変わり目、冬から春に起こりやすい肌トラブルは?

くすみ、乾燥、ニキビ……肌状態が悪化して敏感に!
ちゃんとスキンケアしているつもりなのに、肌が乾いてカサカサしたり、顔色がどんよりくすんだり。毛穴が目立ち、化粧ノリが悪くなることも。また、花粉症などのアレルギー性鼻炎で、鼻回りがガサガサになるのもこの季節特有の悩み。「肌のコンディションが低下し、敏感に傾く人も多いです」(山本未奈子さん)

季節の変わり目に肌トラブルが起きるのは、土台が不安定なため

肌そのものを強くしてゆらぎにくくするのが近道
「季節の変わり目に肌がゆらぐのは当たり前」とあきらめてしまうのは間違い! 対症療法ではなく根本的な改善を目指すべく、肌を立て直すことが重要だ。これまで敏感になったことなどなかったのに、年齢によって肌が変わることもあるので、この機会にケアの見直しを。

健康な肌は角層のバリア機能が正常に働いているため、乾燥や紫外線、ホコリなどから肌内部を守ることが可能。強い肌は土台づくりが大事!

春の肌が不安定なのは外的環境+肌そのものの免疫力が低いから

■ホコリや花粉、UV
■気温と湿度の差
■新しい生活によるストレス

花粉やPM2.5にも負けない肌に!
「冬の乾燥でダメージを受けた状態で春を迎えると、急な気温と湿度の変化に肌がついていけないんです。肌そのもののバリア機能が弱るうえに、花粉やPM2.5などの外部刺激を受ける機会も増えるため、敏感になってしまう」(山本未奈子さん)

肌の免疫力を上げる=すなわち内側からバリアする力を高めるには、肌本来の保水力を高める“保湿ケア”が重要!

【透明感】
十分な潤いをたたえることで、透明感アップ。

【なめらかさ】
保湿によるターンオーバーの正常化が重要!

【バリア】
角層のバリア機能は、正しい保湿あればこそ。

【潤い】
美肌の第一条件は、乾燥と無縁のしっとり感。

【ハリ】
丁寧な保湿で、ふっくらとした弾力も回復。

【キメ】
潤いが十分だと、キメが整い化粧ノリもよく。

当たり前のケアだけど、保湿は美肌への最短の道!
スキンケアの基本ともいうべき保湿は、正しく行わないと意味がない。「化粧水をたっぷり使うことで『保湿した!』と満足してしまう人もいるけれど、それでは不十分。肌の内側から湧き上がる水分を、蒸発しないようにとどめることが大事。“水分をとどめておける肌”にするのが真の保湿ケアなんです」(山本未奈子さん)

正しいスキンケアでパーフェクト春保湿

「シンプル」を「丁寧に」が大事!
きちんと落として、きちんと潤い補給。当たり前だけど、意外といい加減にしがちなベーシック・スキンケア。山本未奈子さん直伝の方法で、肌を立て直そう!

1◆クレンジング

とにかく摩擦厳禁!すすぎ残しにも注意を
「手のひらで軽く温めてから顔にのせます。メイクとなじんだら時間をおかず、素早く洗い流すこと。洗い残しの多い鼻の脇やフェイスラインも、忘れず丁寧にすすぎましょう」

2◆洗顔

冷水でも熱い湯でもなくぬるま湯で洗い流して
「こすらず優しく洗うのはクレンジングと同じですが、水気をふき取るときも優しくそっと。清潔なタオルを使うことも大事ですよ。流すときは熱い湯でも冷水でもなく、ぬるま湯で」

3◆ローション

顔の輪郭に沿って下から上になじませよう
「顔の下から上に、こめかみに向かって化粧水をつけていきます。顔の筋肉に沿って優しくなじませるのがポイント。量は多すぎても少なすぎても効果が半減。適量を守って」

4◆ホットタオル

効果的な保湿ケアのためホットタオルで肌を蒸す!
「保湿液を塗る前に、ホットタオルで顔を温めておきましょう」水で濡らしたタオルを丸め、ラップでくるんでレンジで約1分加熱。熱すぎるとやけどをするので、適度に冷ましてから。

5◆保湿液

蒸された肌にしっかりと保湿液の栄養分が浸透
「ほどよく温まった肌に、保湿液を優しくなじませていきます。美容成分の浸透も高まるから、ハンドプレスしたあとはモチモチ肌に」キメが整い、透明感もハリ感も驚くほど高まる!

スペシャルで効かせる+αの保湿テク

基本のスキンケアをマスターしたら、ワンランク上の保湿テクにもチャレンジ。ちょっとした手間で、ゆらがない強い肌になる!

1■洗顔後のまっさらな肌にブースター美容液
化粧水がイマイチ浸透しにくいと思ったときは、洗顔後すぐの肌に使用するブースター美容液を投入。「潤いの通り道をつくる効果で、いつものスキンケアがより満足度の高いものに」

2■朝のスキンケアでも保湿液やクリームは不可欠
メイク前にベタつくのが嫌だからと、朝のスキンケアを化粧水や美容液などで済ますのはNG。大人の肌にはこれだけでは不十分です!「水分蒸散を防ぐアイテムは日中も必要!」

3■日中は保湿と同時にUVケア
春先から、少しずつ強くなる紫外線にも注意が必要。日やけは肌を乾燥させるので、UVケアを徹底しつつ、日中の乾燥に負けないように、しっかり保湿できるアイテムを選択して。

4■スペシャルケアとしてマスクを投入
「自己流マッサージは肌を傷めることもあるので、スペシャルケアはマスクがおすすめ。リンパの流れをよくしたいなら、こめかみや鼻の横などのツボを軽く押すだけでも十分です」

教えてくれたのは……

美容家 山本未奈子さん
NYの美容学校で皮膚理論やメソッドを学び、教鞭もとる。帰国後、美容ブランド「SIMPLISS」を発表、女性誌や美容専門誌などで活躍中。

撮影/楠神英晴(TRIVAL/静物) イラスト/二階堂ちはる 取材・文/穴沢玲子

関連キーワード

関連記事