春の肌トラブル「乾燥肌」「肌荒れ」で注意したい日常生活のポイント

春の肌トラブル「乾燥肌」「肌荒れ」で注意したい日常生活のポイント

乾燥の季節である冬が終わった!と思ったら、春になっても肌が乾燥気味…なんてことはありませんか?春の乾燥肌は、冬とはまた少し違った理由があるのです。今回は春の乾燥肌で注意したい「ケア」「食事」「入浴」のポイントをご紹介します。

春の乾燥肌の原因は? 冬の乾燥肌と何が違うの?

冬の乾燥肌の原因は、空気の乾燥によるところが多いのですが、春の乾燥も冬と同じように、湿度が低いことによって乾燥するということもあるのに加え、様々な原因が考えられます。

【春の乾燥肌の原因】
<寒暖差>
昼夜の気温差で、肌の水分と油分のバランスが崩れがちになります。

<環境の変化によるストレス>
春は別れの季節であり出会いの季節でもあるので、そういった環境の変化で、意識していなくてもストレスを感じていることも。また、その環境の変化による緊張などで睡眠不足になると、肌荒れの原因となります。

<花粉>
花粉症によるアレルギー反応で、肌のバリアが弱くなり乾燥や痒みを伴うこともあります。

<紫外線量の増加>
3月半ば頃から、紫外線量は増加するので、上記の原因で肌のバリアや肌荒れをしているところに、紫外線がダイレクトに降り注ぎ、更に肌への負担となることもあります。

春の肌トラブルで注意したい日常生活のポイント

春の肌トラブルの原因がわかったところで、それらを防ぐためにはどのようなポイントを抑えれば良いのか、整理してみましょう。

【日常生活で意識しておきたい肌ケアのポイント】
<保湿をして摩擦対策>
とくに花粉症の方はアレルギーで痒くなっているのに加え、マスクの摩擦でも肌荒れしやすくなります。しっかりと保湿をしてから、マスクをつけましょう。保湿をすると余計に痒いという方は、さっぱりした化粧水などを重ねて様子を見てみましょう。

<紫外線対策>
肌荒れしているところに日焼け止めを塗るのは、痒くなりそうで躊躇してしまいますよね。しかし、春は一番肌が白く、紫外線から守ってくれるメラニン色素も少ない状態と言われており、ダイレクトに紫外線を浴びてしまうのは避けたいところ。肌荒れしている時は、スプレータイプの日焼け止めをこまめに吹きかけたり、日傘などを使うと優しく肌を守れそうです。

<高い温度の入浴は避ける>
高い温度のお風呂は肌の保湿成分が溶け出てしまうのだとか。38〜40度のお湯で、10分を目安に入浴すると良いそうです。また、体を洗う時は泡立てた石鹸で優しく洗って、水圧の低いシャワーでしっかりと泡を落とすのが肌に負担の少ないお手入れとなります。

<過度な飲酒は避ける>
壮行会・歓迎会などで、お酒を飲む機会が増える春ですが、アルコールを飲んで肌が痒くなった経験がある方も多いのではないでしょうか?お酒を飲むと体温が上がるので、敏感になっている肌に痒みを誘発することもあります。肌を掻いてしまうと酷くなるので、アルコール度数が低いものや、薄めて飲めるものを選ぶように心がけましょう。

いかがでしたか?今日から日常生活を少し意識することで、春の肌トラブルを防ぐことができるかもしれません。是非、お試しください!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事