コンドームは必須!自覚症状が出にくい性病、クラミジアと淋病とは

コンドームは必須!自覚症状が出にくい性病、クラミジアと淋病とは

性交渉のとき、コンドームをつけていないのに「今までなったことがないし、自分は大丈夫」と思い込んでいませんか? 経験がなかろうと、何歳であろうと、性感染症にかかるリスクはあります。婦人科の福山先生に、一般的に多い性感染症について聞きました。
教えてドクター! 気をつけたい、性の病気とトラブル 福山千代子先生

コンドームをしない=性病にかかるリスクがあることを忘れずに

パートナー同士で性交渉を持つ際には、相手のためにも、自分のためにもコンドームをつけること。でも、そんな常識が守られていないことも多々あります。アヴェニューウィメンズクリニック院長の福山千代子先生、どのようにお感じですか?

「日本では『性感染症を疑うこと=相手を信頼していないこと』につながりがちですが、それはもちろん別物です。性感染症のなかには再発しやすいものもあり、パートナーが数年前に病気にかかっていたことを知らずに、再発したウイルスを移されてしまうこともあります。また、性行為はしなくても、キスだけでうつる性感染症もあります。

でもなぜか『これまで病気になったことがないから、自分はきっと大丈夫』『同じパートナーとしか性交渉を持っていないから大丈夫』と思い込み、コンドームをつけずに性交渉を持つ人はとても多いです。リスクがあることを忘れないこと、そして性感染症への意識を高めることが何より大切です」(福山先生)

ちなみに、性器ヘルペス感染症や尖圭コンジローマ、梅毒のように、性器(女性の場合は膣内、男性の場合は陰茎内)だけでなく、性器周辺にも症状が出る病気は、コンドームをしていてもかかる場合があるそう。それでも「コンドームをしないよりは、したほうが絶対にいい」と福山先生は言います。

性感染症のなかでも多く、自覚症状のない「クラミジア」とは?

今回は、性感染症のなかでもとくに多い「クラミジア」と「淋病」について、詳しく教えてもらいました。いずれも、コンドームを使えば防ぐことのできる病気だそうです。

【クラミジア(性器クラミジア感染症)】
●症状:女性の8割が、症状が出ないと言われています(男性は6割)。残りの2割は、おりものの増加、性交痛や性交時の出血、排尿痛で気づく場合もありますが、悪化すると骨盤腹膜炎になって発熱や下腹部痛が起こることも。
●潜伏期間:感染してから1~2週間ほどで症状が出ますが、上記の通り、無症状のことも多いです。
●体に及ぼす影響:放置すると、頸管炎や卵管炎を起こす場合も。将来的に不妊や子宮外妊娠の原因となります。
●治療法:抗生剤の内服が基本。ただし、骨盤腹膜炎になっていた場合は入院して点滴で処置します。

「女性がかかる性感染症で、もっとも多いのがクラミジアです。男性は尿道が感染源で、女性は子宮の頸管から上が感染します。つまり、挿入によって感染するので、正しくコンドームをつけていれば防げます。喉にできる咽頭クラミジアもあり、口でおこなうオーラルセックスによってかかることも。症状が出にくいため、気づかずに数年経過してしまい、悪化すると不妊や子宮外妊娠の原因になることもあるので、定期的な検査が必要です」(福山先生)

咽頭クラミジアの場合、喉の痛みが生じて、喉風邪のような症状が出るため、気づかない人が大半だそうです。

男性が先に気づいて発覚することの多い「淋病」はどんな病気?

続いて、淋病について教えてもらいました。クラミジアに比べれば、自覚できる症状があるそうです。

【淋病(淋菌感染症)】
●症状:おりものの増加、不正出血、腹痛などの症状があります。最初は軽めですが、感染が広がると急激に悪化します。
●潜伏期間:感染してから2~5日で症状が出ますが、女性は比較的症状が軽めなので、気づかないことも多いです。
●体に及ぼす影響:放置すると子宮から卵管まで淋菌が広がり、発熱や激しい腹痛が生じます。将来的に不妊や子宮外妊娠の原因となります。
●治療法:ほとんどは一回の点滴で治ります。

「淋病はクラミジアと並んで感染頻度の高い病気です。これもコンドームによって防ぐことができます。女性より男性のほうが症状は強く、尿道炎によって排尿時の痛みや膿が出るので、男性が病院で指摘されて、それを女性に伝えて感染に気づくパターンが多いです。クラミジア同様に、淋病も咽頭にうつることがあり、症状がほとんど出ないので気づきにくいです」(福山先生)

性感染症を「もう治った」と自己診断することは禁物!

これらの病気は、治したあとでも再発してしまうのでしょうか?

「クラミジアと淋病は、きちんと治せば再発しにくい病気です。ただし、薬を飲んだり、点滴を打ったりした後日、再診にいらっしゃらない患者さんがよくいます。治療によって症状が軽くなり、『もう治った』と自己診断して、治りきっているかどうかを医師が確認しないまま、治療をやめてしまう方が多いですね。それでは結局、治りきっていないままで、ウイルスをばらまき続けてしまいます。必ず、医師に完全に治ったかどうかを確認しましょう」(福山先生)

なお、クラミジアと淋病以外では、HIV感染症の予防にコンドームが有効とされています。ただし、福山先生によると「HIV感染者数が右肩上がりなのは、先進国では日本だけと言われている」そう。

「HIV感染症は発症すると免疫力が低下し、健康な人にとってはなんでもないようなウイルスや細菌が体内に入ると、一気に病状が進んで死に至ることもあります。潜伏期間が6か月~10年と非常に長いので、いつどこで感染し、発症するかがわからない病気です。そのため、検査をしない限りはHIVでないと言い切ることはできません」(福山先生)

性感染症に「かからない体質」なんてありません。相手の過去を100%知ることは難しいですし、自分が絶対になっていないとは限りません。そのためにも「定期的に婦人科で性感染症の検査をおこなうことが大切」と福山先生は言います。年に一度のがん検診のとき、セットでおこなう習慣をつけてみませんか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
福山 千代子 先生
アヴェニューウィメンズクリニック 院長/産婦人科医

関連記事