性交痛や性欲減退に関わる、更年期が近い女性の「膣萎縮」の解決策とは?

性交痛や性欲減退に関わる、更年期が近い女性の「膣萎縮」の解決策とは?

若いころは性交渉のときに何のトラブルもなかったけれど、年齢を重ねるにつれて「痛い」「うるおいが足りない」「したい気にならない」など、思ってもみなかった事態に慌てる女性も……それは「膣萎縮」が原因かも? 婦人科医の福山千代子先生に聞きました!
教えてドクター! 気をつけたい、性の病気とトラブル 福山千代子先生

更年期が近づいた女性なら、誰でもなる「膣萎縮」とは?

痛みがあったり、性欲が減退したりして、若いころのように性交渉が快適なものでなくなった……と悩んでいる患者さんは多いそうです。アヴェニューウィメンズクリニック院長の福山千代子先生、その原因は何なのでしょう?

「女性は年齢とともに体内のエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少していきます。エストロゲンは、血流をよくして肌のツヤをあげたり、子宮内膜を増殖させて厚くしたりする働きがあります。つまり、エストロゲンが減少すると、膣や外陰部に栄養が行き届かなくなり、ターンオーバーが促されずに老化してしまいます。顔の肌と同じですね。これを『膣萎縮(ちついしゅく)』と呼びます」(福山先生)

とくに閉経が近い女性の老化現象のひとつとして、膣萎縮が始まるそうです。でも、膣が萎縮することはあまり知られていないような……?

「更年期障害などでほてったり、のぼせたり、発汗したりすることは知られていても、膣や外陰部が萎縮することへの認知は低いです。でも、肌やさまざまな体の機能など、ほかの部分が老化していくのと同じように、エストロゲンの影響を受けて加齢性の変化が起こります。これは女性なら誰にでも起こる自然現象なのです。なお、長期間にわたって低用量ピルを飲んでいた人は、早めの段階で膣萎縮が始まることもあります」(福山先生)

膣萎縮によって、どんな影響があるのでしょうか?

「萎縮が始まると、性交渉時にそれまでは平気だったのに『痛くて入らない』ということが起きます。また、こすれて痛いから自転車に乗れないとか、ぴったりしたパンツが履けないとか、ガードルが履きにくいとか、普段の生活でも困ってしまう人はいます。また、膣内のターンオーバーが活発ではなくなるため、膣内のpH(ペーハー)が崩れ、菌が入りやすくなって、今までになかったにおいに悩まされる人も。乾燥によるかゆみが生じる人もいます。症状の出方は個人差がありますね」(福山先生)

膣萎縮の解決策として注目を浴びる、モナリザタッチ

閉経が近づいた女性なら、誰もがなりうる膣萎縮。とはいえ、閉経後もパートナーと性交渉を持つ、または持ちたい女性は多いですよね。解決策はあるのでしょうか?

「近年、注目を浴びている治療のひとつが『モナリザタッチ』と呼ばれるものです。これは膣内に炭酸ガスレーザーを照射してあえて傷つけることで、膣内が自力で回復しようと血流を上げようとするため、結果的に膣粘膜の線維芽細胞が活性化されて、ふっくらと厚みやひだのある膣に生まれ変わるというもの。膣内のうるおいも豊かになるので、更年期を迎えたあとも快適に性交渉を持つことができます。なお、いくつか種類があり炭酸ガスレーザー以外を用いるクリニックもあります」(福山先生)

福山先生のクリニックでは、膣内のみの照射は1回あたり5万円(税抜)。決して安い金額ではありませんが、1回で症状が改善する人も多いとか。ただし、体は依然として低エストロゲン状態なので、また症状がぶり返すこともあり、定期的に受ける必要はあるそうです。

ホルモンのクリームで膣萎縮を軽減させる、ETモイスチャー

痛みやかゆみはないけれど、最近前ほど性交渉に対して前向きになれない……そんなとき、モナリザタッチよりももう少し、手軽な治療はないでしょうか?

「女性ホルモンと少量の男性ホルモンの混合クリームを塗る『ETモイスチャー』があります。性交渉を持つ1時間くらい前に塗ると、性欲を増しながら膣内にうるおいを戻すことができ、性交渉の3時間後くらいにはホルモンは体内から抜けきります。閉経後の女性に、一気に女性ホルモンを投与すると不正出血を引き起こしますが、これは不正出血の可能性もなく安心です。ただし、やたらと乱用せず、必要なときだけ使うことが大切です」(福山先生)

お値段は手ごろで、福山先生のクリニックでは、30回分入って8000円(税抜)だそうです。

「よく『性欲がなくなった』『性交時に入れると痛い』といったお悩みを医師に話すことを、ためらわれる方がいます。恥ずかしいという理由かもしれませんが、お友達にも話しにくい内容なので、婦人科で話さなかったらほかにどこに相談するというのでしょうか? 私たちは女性の性器の構造について、誰より詳しいプロです。具体的な病気の疑いがなくても、性に関するお悩みがあれば相談していただきたいと思います」(福山先生)

確かに「誰にも話せない」と言って諦めてしまうことも多いもの。快適な性生活を送りたいのに、痛かったり、辛かったりするのはあまりに酷です。性に関する病気やトラブルなど、気になることがあれば、定期健診のときでもよいので、婦人科の先生に相談してみませんか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
福山 千代子 先生
アヴェニューウィメンズクリニック 院長/産婦人科医

関連記事