身体の中から美しくなれる!? インド発祥のオイル「ギー」をご紹介!

身体の中から美しくなれる!? インド発祥のオイル「ギー」をご紹介!

美容・健康に良いオイルとしてオリーブオイルやごま油などが有名と思いますが、インドの伝統医学の一つであるアーユルヴェーダでは、「ギー」というオイルがはるか昔から利用されているそうです。一体どのような効果が期待できるのでしょうか?

美容・健康オイル「ギー」に期待できる効果とは?

ギーとは無塩バターを熱してタンパク質と水分を除いた純粋な油のこと。あらゆる油の中でも最も純正が高く、日常的に使用することで様々な美容・健康効果が期待できます。

【ギーの美容・健康へ期待できる効果】
<アンチエイジング>
ギーには若返りのビタミンこと「ビタミンE」をはじめ、体のサビを取り除く作用がある「共役リノール酸」などの成分が豊富に含まれています。

<ダイエット>
ギーに含まれる中鎖脂肪酸は、消化酵素や胆汁を使用せず、すぐにエネルギーに変わるため、体に脂肪として蓄積されにくいという嬉しい特徴があります。

<腸内環境を整える>
免疫機能を高め、悪玉菌を抑える酪酸(短鎖脂肪酸)が含まれています。

【POINT】
ギーは調理用の油として使用する以外にも、オイル美容液のように顔に直接塗ってもOKとですが、敏感肌やアレルギー体質の方は事前にパッチテストを行うようにしましょう。

簡単だけど丁寧に!「ギー」の正しい作り方

ギーの正しい作り方についてご紹介します。簡単に作れますので、是非お試しください。

【ギーの作り方】

<用意するもの>
・無塩バター
・深めの鍋
・スプーン
・ボウル
・ガーゼ
・保存容器

<作り方>
1.バターを鍋に入れ、中火にかけましょう。
2.バターが溶け出し、表面に浮く白いクリームとその下の黄金色の二層に分かれていきます。この、黄金色部分のオイルがギーです。
3.火を弱め、表面の白いクリームをスプーンですくい取りましょう。かき混ぜないよう注意しながら、クリームの泡がなくなるまで丁寧に取り除きます。
4.ギーの色が透明になるまで、更に加熱し、火を止めます。
5.ギーが冷めたらガーゼなどで何度かこして、ガラス容器に移しましょう。

<保存方法>
直射日光や高温多湿の場所を避け、2ヶ月くらいを目安に使い切るようにしましょう。

いかがでしたか?ギーは高い美容効果が期待できる万能オイルですが、1gあたり9kcalと比較的ハイカロリーなので摂取量には注意が必要です。毎日摂取する場合は1日あたり大さじ1杯程に抑えるようにしましょう。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事