OLさん必見!オフィスでも気軽に実践できる「チェアヨガ」のやり方

OLさん必見!オフィスでも気軽に実践できる「チェアヨガ」のやり方

世界で今人気沸騰中のヨガ。レッスンを受けてみたいけど仕事が忙しくてなかなか通えないという女性もいることでしょう。そこでおすすめなのが「チェアヨガ」です。隙間時間を使っていつでも気軽にリフレッシュすることができるそうですよ!

【お悩み別】チェアヨガのやり方〜1.過食を抑える動き〜

ヨガを行う上で最も重要なのは体の刺激したい部分に意識を向け、腹式呼吸を基本に正しく深い呼吸を行うことと言われています。新鮮な空気を取り入れることで内臓周辺の血行が良くなり、老廃物がスムーズに排出されやすくなります。まずはストレスによる過食を防ぐチェアヨガのポーズをご紹介します。

<過食を抑える動き>
1.背筋をスッと伸ばし、椅子に座ります。
2.手のひらを上にし、膝の上に乗せたら目を閉じてゆっくりと呼吸をしながら気持ちを落ち着かせましょう。
3.目を閉じたまま親指と人差し指で輪の形を作り、深く呼吸をしましょう。
4.親指、中指をつけて輪の形を作り、深く呼吸をしましょう。薬指・小指も同様に行います。

指で輪を作るポーズをヨガの世界では「印」と呼ぶそうです。幸福感を引き出し、心身のバランスを安定させる効果が期待できます。

【お悩み別】チェアヨガのやり方〜2.免疫力を高める動き〜

続いて、健康維持や美肌作りに欠かせない「免疫力」を高めるチェアヨガのやり方についてお伝えします。指を丸めたり、もみほぐすだけの簡単な動作なので周りから見れば、普通の「ハンドマッサージ」に見える点も非常に魅力的です!

<免疫力を高める動き>
1.中指の爪の両側を片方の指でしっかりもみほぐしましょう。力を入れるときは息をゆっくりと吐き出し、緩めるときにエネルギーを取り入れるようイメージしながら深く息を吸い込みます。
2.中指の側面と腹の部分を反対側の人差し指・中指・薬指を使ってしっかり挟みます。そのまま息を吐きながら前後にゆっくりとこすりましょう。
3.ゆっくりと息を吐きながら中指を内側に丸く折り曲げましょう。無理のない力加減で行う事が大切なポイントです。

周りの目を気にせず、簡単に実践しやすいチェアヨガについてピックアップしてみました。仕事の休憩時間や電車・バスの中などちょっとした時間を利用しながら、健康的な体作りを目指してみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事