齋藤 薫の美脳格言  ”キレイ!”と褒められた時、何と答えるかで女の評価が決まる?

齋藤 薫の美脳格言  ”キレイ!”と褒められた時、何と答えるかで女の評価が決まる?

キレイになるためには外側からのケアだけではなく、気持ちのメンテナンス、意識革命も重要です。美容業界でも絶大な信頼を集める美容ジャーナリスト齋藤薫...

キレイになるためには外側からのケアだけではなく、気持ちのメンテナンス、意識革命も重要です。美容業界でも絶大な信頼を集める美容ジャーナリスト齋藤薫さんが、独自の視点で「いい女」近づくためのヒントを毎月お届けします。

Licensed by Getty Images

「キレイ!」「美人」「お美しい」そう褒められた時、あなたは何と答えるのだろう。言われた例がないなんて言わないで。誰もがどこかで言われてる。「可愛い」「素敵」「かっこいい」だっていい。 でも返し方には決まったパターンがあって、 そこに、他のことでは見えてこない人間性 が浮き彫りになってくる。だから少々気を つけたい場面なのだ。

 こういう時「ありがとう」と素直に言っ てしまうのが一番と言う説もある。ただ世の中って意地悪で、すんなりお礼を言われて終わりだと、ふーん認めるんだと思われたりしがち。全く理不尽だけれども。

 また「そんなこと言われたの初めて」「そんなこと言ってくれるのはあなただけ」的 な言い方もあるが、ホントかいなと思われ、これも何やら違和感を残す。でも「そんな のお世辞」「褒め殺し」「思ってないでしょ」などなど相手を否定するのは言語道断。失礼すぎる。一方、よほど言われ慣れているのか、わずかに微笑むだけで、無言・・・・・・これはこれでギョッとする。褒めなきゃ良 かったと後悔させるのだろう。

Licensed by Getty Images


 じゃあどうするの? 知り合いの超美人、1 日 5 回いや 10 回位キレイと言われていそうな人がいて、彼女は一体どう答えるの?かと思ったら、口癖は「私なんか全然・・・・・・」だった。きちんと謙遜し、失礼でない程度に否定しつつ、うやむやに・・・・・・。さ すがに見事。実はこれが一番良いかと。 「でも嬉しい」と小声でつけ加えても良いらしい。覚えていて。

文/齋藤薫

関連キーワード

関連記事