炊き方を失敗しちゃっても大丈夫!朝食には玄米雑炊がおすすめ

炊き方を失敗しちゃっても大丈夫!朝食には玄米雑炊がおすすめ

玄米を食事に摂り入れてみたいけど炊き方も良くわからないし、そのまま食べるのはボソボソしそう…とまだ試していない方も多いのでは?土鍋や圧力鍋ではなく炊飯器でも玄米は炊けるので基本の炊き方と毎日の朝食に摂り入れやすい玄米雑炊をご紹介します。

玄米雑炊が朝食に良いわけ

「慢性的な便秘」「飲み会で胃が疲れている」そんな人にオススメなのが玄米です。
玄米についているヌカには炭水化物を分解してエネルギーに変えるビタミンとミネラルが豊富に含まれてます。ほぼ炭水化物である白米を食べる場合はビタミンやミネラルを他の食材で摂る必要があるのに比べ、玄米は単体でそれらを補え、食物繊維が豊富に入っているという魅力もあります。

ただ、玄米を炊くにはコツが必要でモチモチに炊くのは難しいです。圧力鍋や土鍋で炊かないと美味しくできず、ボソボソして食べにくいイメージを持っている方もいるのでは?そんな時は雑炊にするのをオススメします。食べやすく満足感も得られ、アレンジもきくので朝はあまり食べられない人や朝食を考えるのが面倒な人、胃をスッキリさせたいという人にもぴったりです。今回は圧力鍋や土鍋を持っていない方でも大丈夫なように炊飯器で炊く方法をご紹介します。

玄米の基本的な炊き方と雑炊にする方法

【玄米の基本の炊き方】
・玄米 3合
・水 4合半×2

○玄米の洗い方と準備
玄米は白米のようにしっかりと洗う必要はなく、ボウルに玄米とたっぷりの水を入れ、3回かき回して水を捨て、それを3回繰り返すだけで良いです。新しい水をはり3時間ほど置くとより美味しく炊けますが、省略してもOK。

○炊飯器で炊く
玄米炊きのボタンと水位が付いている炊飯器の場合はそちらにしたがってください。
玄米炊きのボタンがない場合は、洗った玄米を炊飯器に入れ、水を4合半入れて炊きます。炊き上がったら、軽く混ぜ、もう一度4合半の水を入れて炊いて出来上がり。

このままご飯として食べてもOKですが炊いた玄米で雑炊を作れます。

【玄米雑炊の作り方】
鍋に炊いた玄米300gと水720mlを入れ、蓋をせずに強火にかける。沸騰したら蓋をして火を止め5分蒸らして出来上がり。

玄米雑炊のアレンジレシピ

【玄米雑炊のアレンジ】
○材料
炊いた玄米 150g
お好きな具材 50g
水 360ml

○作り方
鍋に炊いた玄米と1cm角に切った材料(すりおろしでもOK)と水を入れ、蓋をせずに強火で煮る。沸騰したら蓋をして火を止めて5分蒸らす。

茶碗1杯分を1食として汁ごと頂けます。
オススメの具材はかぼちゃ、小松菜、すりおろしニンジンです。

玄米を毎日摂り入れてみたいと思っていた方はぜひお試しください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事